5月5日端午の節句は何をする?こどもの日に食べるものは?

行事
この記事は約2分で読めます。

端午の節句の由来とこどもの日の違い

5月5日はこどもの日として知られており、端午の節句でもあります。カレンダーにはこどもの日という祝日名で書かれているため、端午の節句を現代風にマイルドに言い換えたのが、こどもの日と思われがちですが、両者は5月5日という共通点を除けば別物です。

昔から5月5日には端午の節句として、男子の成長を祈る行事が行われていました。そして、戦後、日本政府が国民の祝日として定めたのがこどもの日です。こどもの日は政府が定めた祝日の一つに過ぎないので、ルーツは端午の節句のほうがはるかに古いのが特徴です。

端午の節句の起源は複数の説がありますが、5月に行う古代中国における供養の儀式や厄除けの儀式がそのルーツであるという説が有力視されています。そして、その儀式が日本の5月忌みという神事とあわさったのが、端午の節句の起源と言われています。

端午の節句は何をする日なのか?

端午の節句には、男子の健やかな成長を祈って、様々なことを行う習慣が今でも続いています。

一番有名なのが、家に鯉のぼりを飾るというものです。鯉は中国では試練を乗り越えると竜に変化するとされる魚で、出世魚の一つとされています。そのような鯉の言い伝えにあやかって、子供もそのようなたくましさを身につけて欲しいという願いを込めて、鯉のぼりを飾ることになっています。

また、鎧兜や五月人形を飾るというのも有名な習慣の一つです。鎧兜は戦いにおいて身を守ってくれるものであり、五月人形は男子の身代わりともいえる存在です。

鎧兜も五月人形も、迫りくる災いから男子を守ってくれるようにという願いを込めて、端午の節句に飾ることになっています。弓矢などを飾る場合にも同様の願いが込められています。

端午の節句に食べたいもの

端午の節句には、かしわ餅やちまきを食べるのも毎年の恒例行事となっています。かしわ餅やちまきを食べることにはそれぞれ明確な意味が込められています。

かしわ餅の柏は古来より神聖な木として扱われており、新芽が出るまで古い葉っぱが落ちないという性質を持っています。そのため、男子の長寿と子孫繁栄を願う意味がかしわ餅には込められています。

ちまきは、様々な具をもち米で包んだ食べ物ですが、その中に込められた具材に様々な意味が込められています。出世の願いを込めたうなぎや、長寿を願うエビ、健やかな成長を願うタケノコなど。具材によって異なる意味がある縁起物がちまきというわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました