香典の相場と宗教による表書きの書き方の違い

マナー
この記事は約2分で読めます。

香典の金額は故人との関係性によって変わります。また、年齢や立場も考慮しなければなりませんし、地域による違いもあります。ただ、ある程度の相場はあるので、それに従っておけば大きな間違いはないでしょう。

そこで、香典の相場について詳しく見ていくとともに、宗教の違いによる表書きの書き方についてもお伝えします。

故人が親族の場合

兄弟姉妹が故人の場合は、香典の金額は3~5万円が妥当です。ただ、ご自身の年齢によって多少の違いがあり、ご自身が20代なら3万円程度でかまいませんが、30代以上の社会人なら5万円は包んでおいた方がよいでしょう。これは義理の兄弟姉妹に対しても同じです。

祖父母が故人の場合は兄弟姉妹より相場は低く、1~3万円程度になりますが、この場合もご自身の年齢によって金額を決めてください。40代以上の方なら3~5万円でもよいでしょう。故人がおじやおばの場合も祖父母と同程度になります。

その他の親族の場合は、故人との関係性にもよりますが、1万円以下でも大丈夫です。ただし、これもやはりご自身の年齢が上がるほど金額にも差を付けた方が望ましいですし、その家や地域の慣習がある場合はそれに従いましょう。

故人が友人・知人の場合

故人が親族でない場合は5千円~1万円が香典の相場ですが、これもご自身の年齢や故人との関係性によって変わってきます。それほど関係の深くない近所の人程度なら3千円程度でもかまいませんが、お世話になった人なら1万円以上は包みたいところです。

また、職場関係の人が故人の場合も、基本的には5千円~1万円が相場になりますが、職場で話し合って金額を統一することもあるので、自分ひとりで決めてしまわない方がよいでしょう。

なお、金額は多ければ多いほど良いというわけではありません。あまり関係の深くない人に高額の香典を出しても、受け取った遺族が困ってしまいます。なるべく相場の金額に従う方が無難です。

宗教による表書きの違い

香典の表書きは宗教や宗派によって異なります。仏式の葬儀なら「御霊前」でよいと考えがちですが、浄土真宗や曹洞宗では「御仏前」と書きますので「御霊前」は使いません。逆に、それ以外の宗派の場合、「御仏前」が使えるのは四十九日以降です。

また、神道の葬儀の場合は、「御神前」「御榊料」「御玉串料」とします。キリスト教徒の場合は「御花料」が一般的です。故人の宗教がわからない場合は「御霊前」としておくのが無難ですが、なるべく事前に喪家の宗教を調べておくようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました