香典返しの適切なタイミングや贈る品物

マナー
この記事は約2分で読めます。

お返しする時期やお返しにふさわしい品物、適切な金額など、香典返しにはマナーがあります。地域や家族の慣習によって大きな違いがあるので、以下に掲げることが絶対ではありませんが、一般的なマナーとして覚えておいてください。

香典返しに適切な時期

香典返しには、弔事が滞りなく済んだことの報告と、葬儀に参列していただいた方への感謝の意味があります。ですので、香典返しを渡す時期は、忌が開けた四十九日法要の後が適切でしょう。このタイミングで挨拶状とともに香典返しを出すのが一般的なマナーです。

なるべく四十九日法要から2週間以内に届くように手配しましょう。ただし、その間に年を越すような場合は、忌明けを命日から35日目として香典返しを贈ることもあります。また、地域の慣習によっては、葬儀の当日に香典返しを渡す「当日返し」が常識のこともありますので、事前に周囲の人に確認しておいた方がよいでしょう。

なお、香典返しは仏式の慣習ですので、キリスト教など他宗教に「香典返し」という言葉はありません。しかし、カトリックでは30日目に行う追悼ミサ、プロテスタントでは1カ月目の昇天記念日の後にお返しをすることが多いです。

香典返しの金額

香典返しの金額は、香典でいただいた金額の半額が相場と言われます(半返し)。実際、それが適切なケースが多く、香典で1万円いただいた相手には5千円相当の品物を贈るのがよいでしょう。ただし、常にもらった金額の半額がふさわしいわけではないことに注意してください。

たとえば、「何かと入り用だから」と親族から相場より高額な香典をいただくことがありますが、この場合に半返しするのは相手の好意を無視することにもなりかねません。相手の厚意を受け入れる意味でも、3分の1程度の金額に留めておきましょう。

一家の大黒柱が亡くなったり、遺された子どもが未成年だったりした場合も、半額以下でかまいません。香典返しの必要すらないとされることもあります。いずれにせよ、香典や香典返しのマナーは地域や家族によって大きな違いがあるものなので、事前によく知っている人に確認しておくのが無難です。

香典返しに適切な品物

香典返しに贈るものは、不祝儀を残さないという意味で消耗品がふさわしいとされています。食品や石鹸、タオルなど生活用品がよいでしょう。ただし、肉や魚、昆布や鰹節、お酒などはタブーです。

何を選べばよいか迷う場合は、香典返し用のカタログギフトが無難でしょう。味気ないと思う人もいますが、相手に好きなものを選んでもらえることから最近では定番になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました