離婚調停と離婚訴訟 それぞれの違いと特徴

離婚
この記事は約2分で読めます。

離婚調停と離婚訴訟は、どちらも離婚するために行う手続きのことです。どちらも家庭裁判所で行いますが、その性質はかなり異なります。しっかり違いを押さえておきましょう。

離婚調停とは

離婚調停とは、夫婦が離婚の条件を話し合って合意に至るための家庭裁判所の家事調停です。「夫婦関係調整」とも言います。夫婦だけでは離婚の条件について合意できない時、家庭裁判所の裁判官と調停委員会と一緒に話し合い、合意できる条件を目指します。

離婚だけでなく、慰謝料、財産分与、子どもの親権や養育費なども話し合いのテーマです。あくまで離婚を目指す夫婦が主体であり、裁判官や調停委員会は助言や提案を行うだけに留まります。

また、家庭裁判所で行われますが、離婚調停は非公開です。離婚は家庭のプライベートなことですし、当事者が自由に発言して円満に解決することを目指すわけですから、公開する必要がありません。そのため、離婚調停は、調停室という入室できる人に制限のある部屋で行われます。

離婚を目指す当事者とその代理人、裁判官と男女1人ずつの調停員、あとは、家庭裁判所調査官と裁判所書記官のみが調停室に入室可能です。

離婚訴訟とは

離婚訴訟とは、家庭裁判所で離婚訴訟の手続きを行い、裁判所に離婚とその条件を決定してもらうことです。離婚調停でも合意に至らない時に行われます。

裁判所に離婚を認めてもらうには、夫婦の間に民法で定められた離婚事由があることが条件で、それがない時には離婚を認めてもらえません。たとえば、どちらかに不倫など不貞行為があった時や、生活費を入れないなど悪意の遺棄が認められる時などは、離婚する法的な事由となります。また、配偶者が精神病などにかかって回復の見込みがないとされる場合や、行方不明になって3年以上生死が明らかでない場合も離婚事由です。

なお、離婚訴訟は離婚調停と異なり公開で行われます。公開で行われるということで“裁判”をイメージする人もいるでしょう。離婚裁判という言葉も最近では珍しくありません。ちなみに、裁判所で行われる手続自体を“裁判”とすることが多いですが、法律用語としては、裁判所が、法定の形式に従い、当事者に対して示す判断(又はその判断を表示する手続上の行為)として使われます。

離婚調停と離婚訴訟の違い

以上、離婚調停と離婚訴訟は手続きの性質が違うわけですが、大事なポイントは離婚を目指す夫婦が主体となるか否かです。

離婚調停は夫婦の合意が基本で、それがないと離婚の成立にはなりません。一方、離婚訴訟では、各自の主張や証拠などを根拠に家庭裁判所が最終的な判断を行います。離婚を認めるとの判決が下れば、夫婦の意思とは無関係に離婚が成立するわけです。

ただし、離婚裁判では判決に不服がある時には控訴できるという特徴もあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました