離婚届の提出方法とは?郵送での提出は可能?

離婚
この記事は約2分で読めます。

離婚するには離婚届の提出が必要です。では、離婚届はどこに行けばもらえるのでしょうか。また、離婚届の提出先や提出方法なども気になります。それらについて詳しくお伝えしましょう。

離婚届は市区町村役場でもらえる

離婚届は市区町村役場に行けばもらえます。住民課や市民課など戸籍を扱う部署に行けば簡単にもらえるでしょう。窓口で「離婚届をください」と言ってもいいですし、他の用紙と一緒にテーブルに置いてある場合はそれを黙ってもらってくればいいだけです。

なお、離婚届をもらう役所ですが、ご自分がお住まいの役所でなくてもかまいません。離婚届の様式は統一されているので、日本全国どこの市区町村役場に行ってももらえます。

離婚届を市区町村役場にもらいに行くのは「離婚することがバレて恥ずかしい」と思うかもしれませんが、役所の人が離婚の理由などを聞いてくることはありませんし、置いてある場合も少し目立たないところに置いてあるので人目を気にする必要はありません。

ちなみに、離婚届はいつでももらえます。役所が開いているのは平日の日中のところが大半ですが、夜間窓口や時間外窓口があるところなら24時間365日いつでももらえます。

離婚届はダウンロードも可能

忙しくて役所に離婚届をもらいに行く暇がないという場合もあるでしょう。そういう場合は、役所のホームページからダウンロードできます。離婚届のダウンロードサービスをやっている役所はそれほど多くないですが、インターネットならそれは関係ありません。

※以下をクリックしていただくとダウンロードできます。全国共通の書式です。

離婚届

ただし、ダウンロードした離婚届は、A3用紙に印刷する決まりになっていることには注意が必要です。一般的な家庭用のプリンターはA4までしか印刷できないものが多いので、A3サイズの印刷が可能なプリンターがない場合は、コンビニなどに行って拡大コピーしなければなりません。

その場合は、家のプリンタでまずA4サイズにて出力し、コンビニに持っていきA3サイズに拡大すればOKです。

「離婚届がダウンロードできるなんて便利になった」と思ってしまいそうですが、意外と不便なことに気をつけてください。ちなみに、郵送で取り寄せできる市区町村役場もあるようですので、郵送を希望する場合は一度電話で問い合わせてみましょう。

離婚届の提出方法

記入した離婚届は、それをもらってきた市区町村役場に提出すれば受理してもらえます。ただし、そこが本籍地ではない場合は戸籍謄本も一緒に提出しなければなりません。

また、提出する時間帯に制限はありません。夜間窓口や時間外窓口があるところなら土日でも祝日でも受理してもらえますし、郵送でも提出は可能です。法務省のホームページにもその旨が記載されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました