雛人形や兜・五月人形はいつ飾っていつ片付ける?

行事
この記事は約2分で読めます。

日本では3月3日に雛人形を、5月5日には兜や五月人形を飾る風習があります。どちらの風習も行われる意味や、飾りつけ・片付けのタイミングなどが明確に存在するため、子を持つ親になった段階で、しっかりと把握しておきたいものです。

雛人形を桃の節句に飾る意味とは?

雛人形が飾られる3月3日は桃の節句やひな祭りとも呼ばれており、雛人形には災いを代わりに引き受けてもらう身代わりとしての役割があると言われています。そのため、女の子の健やかな成長を願って、雛人形を設置するのが、毎年行われるこの風習の目的となっています。

雛人形はいつからいつまで飾ると良いのか?

雛人形は飾ったり片づけるタイミングが重要で、特に、片付けるのが遅れるとそれだけ婚期も遅れるというのは有名な話です。

雛人形を飾るのは、節分の翌日から2月の上旬くらいが適切と言われており、遅くとも、3月3日の1週間以上前までには飾るほうが良いでしょう。3月3日の前日に慌てて飾るのは、一夜飾りと言われており、縁起が良くないので避けるべきです。飾る日は大安がもっとも適していると言われています。

雛人形の片づけは、3月4日から1週間以内が目安と言われています。ただ、片付けが遅れると婚期が遅れるともいわれるため、できるだけ早く片付けるほうが無難です。

兜や五月人形の由来と意味


5月5日は端午の節句やこどもの日として、兜や五月人形などを飾る風習が日本にはあります。兜や五月人形を飾り付ける理由も雛人形と近いものがあり、兜や五月人形が、病気や事故などの災いから男の子を守ってくれるようにとの意味合いを込めて、設置されることになります。

5月5日に兜や鎧など戦いのための道具を飾り付ける由来は、昔の武家の兜や鎧のメンテナンス習慣にルーツがあると言われています。

兜や五月人形を飾るタイミング

兜や五月人形を飾るタイミングは、5月5日の端午の節句の1週間前までが良いとされています。早く飾っても問題ないとされていますが、あまり前から飾っているとほこりをかぶったりなど、マイナスの部分もあるため、4月の中旬を過ぎたあたりから、余裕をもって飾るのが無難です。

雛人形を飾る場合と同様に、大安吉日に飾るのがベストとされており、また、5月5日の前日になって慌てて飾るのは一夜飾りとなるため厳禁とされています。日本の場合、6月が近づくと梅雨に入りじめじめしてくるため、5月で空気が乾燥して過ごしやすいうちにしまうのが適していると言えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました