除夜の鐘の意味とは?108回の意味について

行事
この記事は約2分で読めます。

大みそかの夜に行われる定番行事と言えば「除夜の鐘」でしょう。では、除夜の鐘にはそもそもどのような意味があるのか、という点を学びましょう。

除夜の鐘という名称の成り立ちを知ろう

12月31日は暦の上で「除日」と呼ばれています。その夜に突くので除夜の鐘と呼ばれるようになりました。「除」という言葉には不要なものを取り除き、新しいものが入ってこられるようにするという意味合いがあります。

ですから、除夜の鐘には1年の間に蓄積した不必要なものを取り除き、新たな気持ちで新年を迎えられるようにする、という願いが込められているわけです。

鐘を108回つくことにはどんな意味があるの?

108回という数字の背景には諸説あるとされています。中でも最も良く知られているのが「煩悩の数と等しいから」という説でしょう。

人には煩悩を感じる感覚器官が6つあり、その感じ方も6種類あるとされています。その煩悩を前世と今世、そして来世の3回分祓うということから、6×6×3で108になったという考え方です。そこで、大みそかから元日にかけて、煩悩の数だけ鐘を突くことによって、これらすべての悪い影響を取りのぞくという願いにも似た意味合いが込められているわけです。

この他にも108回の成り立ちに関しては諸説あります。とはいえいずれに関しても、苦しいことや辛いことを取り去るという新年に向けたポジティブな要素が含まれています。なお、除夜の鐘は最初の107回を大みそかに突き、年が明けてから最後の1回を突く、というのが正式なスタイルとされています。

除夜の鐘は一般の人でも突くことが可能

除夜の鐘はお寺のお坊さんがつくものというイメージを持っている人は多いでしょう。もちろん厳格にお坊さんだけしか突いてはいけないと定めているケースもあるとはいえ、大半のお寺では一般の人であっても、事前に住職さんへ申し出をしておけば大みそかに鐘を突かせてくれます。受付を担当している方がどのお寺にもいて、突き方などをレクチャーしてくれるケースもあります。

ただし、全国的に人気があって知名度も高いお寺の場合には、鐘を突く人を選出するために当日の朝から整理券を配布していることもあります。ですから「このお寺で除夜の鐘を突きたい」というはっきりとした希望があれば、朝早めにお寺へ行って順番待ちをすると良いでしょう。

また、お寺によっては108人を超えても良いという規定を設けている場合もあるので、到着が遅くなってしまった時でもあきらめず住職さんに声をかけてみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました