野菜の保存方法 冷蔵庫に入れるもの入れないもの

豆知識
この記事は約3分で読めます。

野菜を買ったら、ついつい冷蔵庫に入れてしまうもの。しかし野菜には冷蔵保存が向いていないものもあり、常温保存をした方が鮮度を保てるものもあるのです。

ここでは冷蔵庫に入れる野菜と、入れない野菜についてご紹介をしていきますので、それぞれ適した保存方法にて保存するようにしてみてください。

冷蔵庫に入れない方がいい野菜とは

まずは冷蔵庫に入れない方がいい野菜についてです。冷蔵庫に入れない方がいいのは、きゅうり、かぼちゃ、玉ねぎ、またピーマン、ナス、そしてじゃがいも、さつまいも、里芋になります。これらは冷蔵庫で保管することによって、品質が劣化してしまいます。

なぜなら、これらは温度が高いところで育てられた野菜のため、冷蔵庫はこれまでと比べて温度が低すぎるからです。この温度差による品質劣化は低温障害と呼ばれ、世間ではあまり知られていないことでもあります。

何でも冷蔵庫に入れておけば安心だと思いがちですが、逆に品質が劣化してしまう野菜があることも知っておきましょう。

冷蔵庫に入れた方がいい野菜は?

とはいえ、ほとんどの野菜は冷蔵庫に入れた方が長期保存可能です。基本的には上記でご紹介したもの以外は、冷蔵庫で保管しておくようにしてください。

白菜、キャベツ、レタス、小松菜、ほうれん草、春菊などの葉物も冷蔵庫に入れます。ただ、丸ごとの状態の白菜の場合、新聞紙などに包み、日が当たらない涼しい場所で保管してもOKです。丸ごとの状態だと冷蔵庫に入りきらないということもありますので。

その際知っておきたいのは、冷蔵庫の中は常に乾燥しているということ。特にカットした野菜を冷蔵庫で保管する場合は、ラップなどでしっかり密閉して保存することが大切になってきます。葉物に関しては、濡れたキッチンペーパーなどで包み、ビニール袋に入れて保存することが好ましいです。

また、野菜は傷がついた断面から、エチレンガスという野菜にとって有害なガスも発生させます。なので二つに切った野菜なども、断面をしっかりラップで包むようにしておいてください。保存環境が悪いと、冷蔵庫全ての野菜が劣化しやすくなってしまいますので、今一度保存方法を見直してみましょう。

常温保存をする際のポイント

野菜を常温保存する際については、切ったりすることはもちろんNGですが、綺麗に洗うのもよくありません。泥がついていると気になってしまいますが、水洗いをすることでカビや腐食の原因となってしまうため、そのまま保存するようにしてください。その際新聞紙などで包むことにより、保存期間も長くなりますし、土で周りが汚れず綺麗に保存できます。

また、日光の下で育った野菜であっても、保存の際は直射日光を避けて、その代わり風通しのいいところにおいておきましょう。あとは湿度が高いことも、カビなどの原因になってきますので、高温多湿な夏の時期は基本冷蔵庫に入れるようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました