誤った使い方をしがちな敬語とは

豆知識
この記事は約2分で読めます。

日本語は敬語がとても発達した言語として知られています。外国の人が母国語以外の日本語を学ぼうとすると、普段遣いの言葉に加えて敬語も学ばなければならなく、複雑で難しいとの声もあります。

アルバイトを始めたり社会人になると職場の上司や取引先の方、お客さまと会話するときに敬語を使う場面がたくさん出てきます。しかしきちんとした敬語の使い方は難しく、間違った使い方をすると失礼だと感じる人がいるのも事実です。例えば、敬語の使い方によって相手を敬ったり蔑んだりと受け取れることもあるためです。

ここでは、特に誤った使い方をしがちな敬語をいくつかご説明します。まずは見直してみましょう。

よろしかったでしょうか

店員さんがよくこの言葉を使いますが、文法的には間違いだとされています。「よろしかった」は過去形で、いま目の前の人に確認をしているのでこの使い方はNGです。「よろしいでしょうか」と言うように心がけましょう。

おっしゃられる

二重敬語の典型的な例です。「おっしゃる」と「られる」は両方とも敬語であり、これらを組み合わせるのは不適切だとされています。より丁寧な言い方に聞こえますが、くどくて分かりづらい印象を与えてしまいます。「おっしゃっています。」「おっしゃっていました。」の表現を使うようにしましょう。

○○課長はただ今外出されております

会社に電話がかかってきたりお客さんが訪問してきたときに、使いがちな言葉です。社内では目上の立場にある課長でも、社外の人と話すときにはこのような表現は避けなければなりません。「○○はただ今外出しております。」というのが正しい表現です。

いらっしゃる/伺う の使い間違い

敬語には相手を持ち上げる尊敬語と、自分をへりくだって表現する謙譲語があります。

例えば「いらっしゃる」は尊敬語なので「お客様がいらっしゃいました。」は正しい表現ですが、他社の人に対して「弊社の部長がそちらにいらっしゃいます。」という表現は間違っています。

一方「伺う」は謙譲語であり、「私が午前中に伺います。」は問題ありませんが、お客様や目上の人に対して「午前中にお伺いください。」と言うのはNG表現です。

このように敬語表現はとても複雑なので、すぐにマスターするのは難しいでしょう。もし間違った使い方をしてしまったら、謝って次からは気を付けるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました