宗教や宗派によって異なる葬儀の種類と形式

マナー
この記事は約2分で読めます。

葬儀のあり方は故人の宗教や宗派によって違いがあります。葬儀の形式だけでなく、行う場所や進行の仕方など大きく異なりますが、これは宗教による死に対する考え方の違いです。

日本の葬儀は仏式によるものが圧倒的に多いですが、キリスト教や神道など、それ以外の宗教のやり方で葬儀が執り行われることも当然あります。また、伝統宗教以外を信仰する人もいますし、特定の宗教に帰依していない無宗教の人も多いです。

葬儀のあり方は多種多様ですが、ここでは伝統宗教による葬儀の種類を見ていきましょう。

仏式の葬儀

仏式の葬儀は、だいたい江戸時代から一般庶民に根付いたとされています。今でも多くの家庭が仏式の葬儀です。

基本は、僧侶の読経によって故人を葬送し、僧侶から故人が戒名を授かります。参列者は、数珠を身に付け焼香を行うことで故人の成仏を祈るというものです。ただ、仏教の宗派もさまざまであり、鎌倉仏教や密教系だけでなく、今も奈良仏教を信奉する人もいます。

宗派は違っても同じ仏教なので基本は同じですが、葬儀の流れには多少の違いがあることを知っておきましょう。

神式の葬儀

神式の葬儀とは、日本で歴史的に行われてきた神道の方式による葬儀です。死を穢れと捉えるのが特徴で、そのため、葬儀は聖域とされる神社では執り行われません。葬儀場、セレモニーホール、自宅などで行います。

神式の葬儀も仏式と同じような流れにはなりますが、故人は成仏するのではなく、その家の守護神になると考えるのが大きな違いです。いわば神になるため、神官など神職の人たちよりも上の存在になります。また、焼香の代わりに、参列者は玉串奉奠(ほうてん)を行います。

キリスト教式の葬儀

キリスト教ではおもに教会で葬儀を執り行います。キリスト教では死を穢れとは捉えず、主のもとに召されて永遠の命が続くことになる喜ばしいこととして、聖歌や賛美歌で故人を祝福するのが特徴的な考え方です。

なお、キリスト教でも、カトリックやプロテスタントなど宗派によって葬儀の流れに多少の違いがあるので、キリスト教式の葬儀に参列する場合は、あらかじめ故人がどの宗派に属しているのか確認しておきましょう。

無宗教の葬儀

近年は、特定の宗教・宗派に囚われない自由な形式の葬儀も増えています。慣習にも沿わず故人や遺族の希望するやり方で行われるため、「無宗教の葬儀だからこう」という形式はありません。故人の数と同じだけ葬儀のあり方も異なるということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました