[節分のナゾ]ワタナベさんは豆まき不要?

行事
この記事は約1分で読めます。

2月2日の節分は124年ぶり

2021年は2月2日が節分です。節分といえば2月3日が通例ですが今年はなんと124年ぶりに2月2日が節分の日となりました。124年前といえば明治30年、1897年ということになりますね。

節分は「立春」の前日になります。立春は冬が極まり春の気配が立ち始める日なので翌日より新しい季節が始まる日が節分となります。

鬼退治のワタナベ!?

節分には「鬼」や「福」に向かって豆まきをしますよね。子供の頃から家や幼稚園や保育園でたくさん豆をまいてきました。ですが「ワタナベさん」は豆まきが不要ということは知っていましたか?

なぜワタナベさんが豆まきをしなくていいのか?それは「鬼が恐れるため」なんだとか。

平安時代、京都付近で日本史上最大最強の鬼・酒呑童子(しゅてんどうじ)が暴れまわっていました。そこで、帝から鬼退治に任命された武将・源頼光(みなもとのよりみつ)は、渡辺綱(わたなべのつな)らによる討伐隊を集め、鬼退治に向かいます。その結果、見事に撃退し渡辺綱の強さは鬼たちに一気に広まりました。

この鬼退治の一件から、鬼は渡辺一門を恐れるようになり、そしてワタナベ姓の子孫にも近づかないとなったわけです。ワタナベさんに豆まきが不要なのはこういった理由からだと言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました