留袖とは?いつ着る?

行事
この記事は約2分で読めます。

留袖とはどういうもの?

留袖は礼装の一つで、和服の中で最も格式の高いものです。様々な着物がありますが、その中でも留袖が一番敷居の高い服装です。昔は既婚女性しか着ることができなかったものですが、今では色留袖であれば、未婚でも着られるようになりました。

留袖に合わせる帯は重厚感のある金地や、銀地を選びましょう。

留袖はいつ着ればいいの?

留袖は親族の披露宴や叙勲の授賞式などの祝いごとの時に着ます。パーティーなどにお呼ばれした時にも着ることができます。ただ気をつけたいのが、留袖は紋の数によって格式が決まります。柄が可愛いから、たくさん入っている方がいいという理由だけで選ばないようにしましょう。

自分がお呼ばれしたパーティーなど皆が平等な場所で、留袖を着る時には紋の数は少ないものを選びましょう。五つ紋が一番格式高く、その次に三つ紋、一つ紋という順番になります。紋が入っている場所としては、一つ紋は背の真ん中に1つ、三つ紋は背と両袖に、五つ紋は背、両袖、抱き(前身頃)に付けます。

自分が格式高い立場でない限り五つ紋は避けましょう。五つ紋を着るのはその場所で一番位が高い人です。パーティーであればその場所の主役、結婚披露宴であれば新郎新婦に一番近い存在の人が五つ紋を着ます。

パーティーにお呼ばれした時や、友達の結婚披露宴に行く時は一つ紋を着るのが無難でいいですよ。

黒留袖と色留袖はどう違うの?

留袖には黒留袖と、色留袖の二つがあります。黒留袖は基本的に既婚女性しか着ることができず、一番その場所で格式が高い人が着ることになっています。黒が可愛いからという理由で黒を選んでしまうと、マナー違反になってしまいます。自分が立場が高くなければ、黒を着ることは基本的にはできません。

色留袖は未婚女性でも着ることができます。結婚披露宴に留袖を着る場合、新郎新婦の母親だけが黒留袖を着ることが許されています。一番その会場の中で格式が高い存在だからです。

友達の結婚式にお呼ばれした時に、和服を着たい場合は色留袖を着るようにしましょう。色留袖と黒留袖で違いをつけるだけではなく、紋の数にも常に意識を向けて選ぶことが礼儀です。

黒留袖を着る時の小物は?

黒留袖を着る立場になった時、着物の色だけではなく持ち物選びも重要です。草履とハンドバッグは布製の物を選ぶようにしましょう。金や銀を装った豪華なものを使いましょう。華やかさを出すのが大事です。

扇も金や銀の入った華やかな物を使いましょう。髪の毛はボリュームがあるようにセットすることで、黒留袖とあった印象を与えることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました