なぜ神社に狛犬がいる?歴史や風貌について

豆知識
この記事は約2分で読めます。

狛犬の役割とは?

神社に行くと、神社の門の前に左右に分かれて狛犬が置かれています。当たり前のように神社にいる狛犬ですが、その意味を考えて狛犬を見る人は少ないのではないでしょうか。狛犬は守護獣の役割を果たしています。

狛犬は邪気払いの効果があるため、神社に悪いものが入ってこないように見張っていると言われています。神社にお清めをしに行く人たちに、良いものだけを受け取って帰ってもらうために狛犬が見張り役をしているのです。

狛犬は左右で種類が違う

狛犬は左右に2体で1対として置かれていますが、実は左右で種類が違います。鎌倉時代より前の昔では左側を狛犬、右側のことを獅子と呼んでいました。確かに狛犬は獅子のような風貌をしています。

鎌倉時代以降は2体で1対として、どちらも狛犬と呼ぶようになりました。違う呼び方もあり、阿吽の呼吸と言われることの起源となっています。阿吽の呼吸とは息がぴったり合っている二人のことを言います。

口を開いている狛犬のことを阿形(あぎょう)と呼び、口を閉じている狛犬ことを吽形(うんぎょう)と呼びます。阿吽とは阿が初めを意味し、吽が終わりを意味しています。ひらがなが「あ」から始まり、「ん」で終わることを表しているようですね。口を開いて息を吐き、口を閉じて息を吸うことから阿吽の呼吸と言われるようになったのです。

昔から2体で神社を守り続けている狛犬にとっては、阿吽の呼吸の意味がよくわかります。金剛力士像も阿吽の呼吸の起源となっており、狛犬と同じ意味を表しています。

狛犬の歴史

狛犬が日本に置かれるようになったのは、中東からの影響です。昔中東、特にインドではライオンを守り神として信仰していました。それが仏教から日本に伝わり、ライオンから獅子になり狛犬へと変化していったのです。

狛犬が伝わったのは朝鮮半島からだったり、中国からであると言われる説もありますが、確証はありません。また、狛犬は時代と共に姿が変化していっています。平安~鎌倉時代にかけては、胸を張っている姿の狛犬が作られていました。

それが昭和になると、子供を携えるようになりました。狛犬の姿から時代を感じさせられますね。子供を守ってくれる狛犬の守り神たる優しさが伝わってきそうです。

鎌倉時代には獅子と狛犬と呼ばれていた狛犬も、狛犬とまとめられるようになってから犬のような姿へと変わっていきました。日本人にとってはライオンや獅子よりも、犬の方が身近に感じやすいために馴染み深い姿に変わっていったのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました