振袖にはどんな種類があるの?何歳まで着てもいい?

行事
この記事は約2分で読めます。

着物と振袖の違いとは?

着物といえばどのようなイメージがありますか?

着物は振袖、色留袖、留袖、訪問着、浴衣、これらすべてをひっくるめて着物と呼びます。それぞれ違った特徴があります。和装スタイル全てが着物なのです。

そのため振袖は着物の中の振袖という種類になります。着物レンタルにも振袖が置かれているのは、こういうことです。振袖は着物の中でも、袖が振れるほどに袖が長く作られている着物のことです。

振袖の種類と着る場面

振袖と聞くと成人式に着る服というイメージが強いと思います。実際成人式の時期になれば振袖をあらゆるところで目にするようになります。しかし振袖を着るのは成人式だけではありません。

振袖は未婚女性が着る第一礼装です。フォーマルな場面で礼装として振袖を着ることができます。振袖を着る場面は主には成人式、卒業式、結婚式です。和装をしてもおかしくない大きなパーティーにも着ていくことができます。

振袖には3種類あり、小振袖、中振袖、大振袖があります。名前の通り袖の長さによって種類が分けられます。袖の長さが長いほどに格式が高くなります。着る場面によって種類を変えるようにしましょう。

一般的にイメージがある成人式での振袖は、基本的には中振袖です。最近では大振袖を着る人もいるようですが、基本は中振袖です。

小振袖は袖が短いために、袴と一緒に着ることができます。そのため大学の卒業式で着ることができます。卒業式に振袖を着るのは今や人気となっています。振袖を購入した人は、成人式で着た振袖の袖を縫い直して小振袖にして、卒業式にも着られます。

最後に大振袖は自分が主役の時に着るものです。和装の結婚式などでお色直しとして着ることができます。唯一大振袖を着られる場面でもあります。

振袖は何歳まで着られる?

振袖は未婚女性の第一礼装として位置づけられています。そのため、基本的には年齢の制限は決まっていません。しかし、振袖といえば成人式のイメージが強いことから、若い人が着るというイメージが根付いています。同時に未婚女性が着るものであることから、あまり高齢すぎると周りからのイメージが悪くなります。

よって30代前半までが振袖を着られるギリギリのラインだと考えられます。これ以上超えてしまうと、色留袖であったり、訪問着に変える方が無難です。年齢が上がると共に振袖も明るすぎない無難な色合いにしていくと、長く着ることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました