成功に向かうために覚えておきたい名言

格言・名言
この記事は約2分で読めます。

夢を現実にするのは人である。【ウォルト・ディズニー】

ウォルト・ディズニーさんは、20世紀に活躍した多種類の事業を成功させた事業家です。そして、有名なディズニーランドの創設者でもあります。ウォルトディズニーさんは、ディズニーランドへの自分の考え方として、「私はディズニーランドが人々に幸福を与える場所、大人も子供も、共に生命の驚異や冒険を体験し、楽しい思い出を作ってもらえる様な場所であって欲しいと願っています。」という理念を持っています。

この座右の銘は、ディズニーランドという夢の世界を現実の世界につくったウォルトディズニーさんが言うと、とても説得力があると思いました。

失敗した所で止めるから失敗になる。成功するところまで続ければ成功になる。【松下 幸之助】

松下 幸之助さんは、現パナソニックを一代で成功させた事業家です。彼は、恵まれた幼少期を生活したわけではありませんでした。尋常小学校を中退後、様々なところで働きながら、いろいろな経験を積み、失敗もたくさんしました。しかし、彼は諦めず、現パナソニックという大事業を成功させました。だから、松下幸之助さんがこの言葉を発現したことは、人々を多いに感動させると思いました。

すぐれた魂ほど、大きく悩む。【坂口 安吾】

坂口 安吾さんは、20世紀前半に活躍した日本文学作家です。多くの有名な作品を残しました。それらは、多くの人々に感動を与えました。だから、そのような作品を書ける坂口 安吾さんの魂は、すぐれた魂だと思います。

しかし、彼は、薬物中毒や、うつ病、幻聴、幻視などに苦しめられていたという事実もありました。これは、すぐれた魂の持ち主である彼が大きく悩んでいたことを自分自身で表した言葉なのかもしれません。

自分の欠点を直視し、認めることです。ただし、欠点に振り回させてはいけません。忍耐力、優しさ、人を見抜く目を欠点から学びましょう。【ヘレン・ケラー】

ヘレン・ケラーさんは、19世紀から20世紀にかけて、自身が視覚と聴覚に障害をもっていながらも、世界中で障がい教育の普及に活発に活動した人です。

ヘレンケラーさんは、自分の障がいを直視し認めながらも、その障がいがあるからといじけることなく、その障がいをもっている自分を認め、そのような自分だからこそわかる、忍耐力、優しさ、人を見抜く目があると主張しています。彼女のこの主張はポジティブな一面が現れており、とても素敵だと思いました。

※この他にもこれだ!と思う名言格言があれば随時更新していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました