忖度(そんたく)の意味と正しい使い方

雑学
この記事は約2分で読めます。

2017年に流行語大賞の候補にも挙げられた、忖度(そんたく)という言葉。一躍有名になった言葉ではあるものの、少し難しい言葉でもありますし、意味を読み取るのもやや難しいです。

ここでは忖度という言葉の意味や、その使い方について解説していきますので、よくわからないという方はぜひ参考にしてみてください。

忖度の意味とは

忖度とは相手の内心を推し量り、その気持ちを汲み取ることを指します。簡単に言えば、相手の気持ちを察することです。忖度は中国語が語源となっているため、やや難しい印象を抱きがちですが、意味としては割と単純なものになっています。

日常生活で使われることはほとんどありませんが、正式な場でのやり取りや公表などで使われることがあります。もし忖度という単語が出てきたら、相手の気持ちを察する意味だと捉えてください。

忖度は悪い意味の言葉ではない

ちなみに忖度が流行語大賞の候補に入った理由は、日本の政治家が利権者に媚びへつらう際に使われていたこと、それから森本学園の問題で、忖度という言葉が使われたことにあります。そのため、忖度はまるで権力者が用いるワイロのような、悪い意味の言葉のようにも感じられてしまいます。

しかし、本来の意味は上記で書いたように、他人の気持ちを察することです。もちろんそこに裏の意図は全くありませんし、純粋に他人を思いやる時にのみ、忖度という言葉は使われます。

本来はとてもいい言葉ですので、もし現在悪いイメージを持ってしまっている方は、これを機にそのイメージを改めておきましょう。

忖度の正しい使い方と例文

忖度という言葉は、通常「相手の気持ちを汲み取る」を言い換えて、「忖度する」という風に使われます。「忖度」に「する」という言葉をつけることで、動詞として会話や文章として使うことができます。

例えば日常生活で使うとすると、「夫の意思を忖度して、今日の夕食はハンバーグにした」「妻の機嫌を忖度して、帰りにケーキを買うことにした」というような形になります。

正式な場で使う場合は、「社員の希望を忖度して、社内の体制を見直した」「貴社のご意向を忖度し、改めてお見積もりをさせていただきました」という風になります。

日常生活で使うと違和感が大きいですが、正式な場では文章を引き締める効果が高いため、使い方を知っておいて損はありません。正式な場で使えば、相手に与える印象も変わってきますので、ぜひ忖度の意味と使い方を覚えておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました