帯祝いとはどのような儀式をさすもの?

出産
この記事は約2分で読めます。

母子の健康を祈るという意味で行われる儀式

帯祝いとは妊娠5か月目の戌の日に行われる儀式です。岩田帯と呼ばれる腹帯を巻く儀式で、おなかの中の赤ちゃんと母親の健康と安産を祈るという意味合いがあります。

帯祝いの歴史はかなり古いです。古事記の中でも記述が出てくるほどです。ちなみに皇室では現在でも「着帯の儀」と呼ばれる宮中儀式が行われます。これが一般でいうところの帯祝いと同じような位置づけです。

なぜ戌の日に行われる?

先ほども紹介したように帯祝いは戌の日に実施されます。なぜ戌の日なのか、意味がきちんとあります。犬を飼っている家庭はご存知かもしれませんが、多産で知られています。多産ができるのは犬がお産の傷みや負担が比較的軽いといわれているからです。この犬の出産にあやかるという意味で、戌の日に帯祝いになったわけです。

神社でまず安産祈願を実施して、そのあとで内輪だけで行うのが一般的です。しかし戌の日に近年あまりこだわらなくなりました。戌の日に妊婦さんの体調が芳しくないこともあるでしょう。母親の体調や家族のスケジュールなども考慮して、柔軟に対応しても問題はありません。

帯祝いを贈るときの注意点

知り合いや親せきで妊娠した、お祝いの意味も込めて帯を贈りたいと思うのであれば、いくつか注意すべきマナーがあります。

まず贈るタイミングは妊娠5か月目の戌の日の半月前くらいから準備するといいでしょう。少なくても当日までには届くように手配を進めておくことです。ただし通常岩田帯は安産祈願をするときに神社に持ち込んでお祓いをしてもらうことが多いです。よって、前日までに届くように準備をした方がいいでしょう。またこの時、鰹節や祝い酒と一緒にプレゼントするのが一般的です。

岩田帯を包む場合には、紅白蝶結びの水引を使用しましょう。表書きには「岩田帯」や「祝い帯」「寿」など記載します。知人などの他人に贈る場合には「御帯」や「御祝」と書けば十分です。

どれくらいの価格の帯を贈ればいいのかで迷ってしまう人もいるでしょう。一般的に妊婦の両親であれば1~3万円が相場といわれています。兄弟姉妹の場合5000~1万円、親せきや友人、同僚の場合は3000~1万円の中から選んでみるといいです。

岩田帯について正式なものを贈りたければ、紅白の絹地二筋、白さらし木綿一筋のものを探しましょう。お祝い返しについては、特別必要ないといわれています。しかし家族の場合祝宴に招くことでお返しすることも多いです。それ以外の場合、内祝いとしてもらったものの1/5~1/3程度のものをお返ししましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました