小正月ってなにするの?

行事
この記事は約2分で読めます。

「お正月」と聞くと、1月1日(元日)から3日までのいわゆる「三が日」を思い浮かべる人は多いでしょう。その一方で、時折「小正月(こしょうがつ)」という表現を耳にすることもあります。

では、この表現はどの日付を指して用いられているのでしょうか。また、どんな目的でこの日が定められたのかという点も確認していきましょう。

小正月は1月15日を指している

小正月は1月15日という日付を指して用いられる表現です。この語源には、旧暦(太陰暦)を採用していた時代に、新年が明けてから14日までの期間を「大正月」と呼んでいたことが関係しています。一方、15日は小正月と呼ばれ、この日に正月の松飾りや注連縄などを玄関から取り外すということが習慣となっていました。お正月気分がちょうど終わる節目としてこの日が選ばれていたわけです。

ちなみに、旧暦において小正月は常に満月でした。この名残として、1月15日は今でも小正月と呼ばれ、松飾りを取り外すタイミングとして尊重されています。元日から14日までを「松の内」と呼ぶことも、この門松や松飾りを取りつけている期間という風習に由来しています。

小正月は豊穣を祝う重要なタイミングでもある

小正月には1年の無病息災や豊作を願う宗教的な意味合いも込められています。「小豆粥」は無病息災を願って小正月に供される代表的な食事として知られています。うるち米と小豆を合わせたものを炊きあげ、さらにお餅を乗せて食べるというのものです。小豆には古来より邪気を家から祓うという効果があるとされていることから、この風習が始まったと考えられています。

一方、豊作祈願の儀式として、小正月には餅花を飾り付けます。これは、稲穂に見立てた紅白の餅を木の枝に付けて飾るという風習で、豊かな実りを期待するという願いが込められています。この風習にちなんで、1月15日のことを「花正月」と呼ぶこともあります。加えて、同じ1月15日に食べる小豆粥がきれいに炊きあがると、豊作になって凶事も起こらないことの予兆とされています。

小正月は家庭的な意味も持つ節目の日

小正月は先述のとおり、松の内に終わりを告げるという重要な意味合いがあります。同時に、大正月の期間中男性たちのために忙しく働いた女性たちへ感謝をする日という意味も込められています。ようやく女性たちが実家で一息つくことができるタイミングであるということから、1月15日を「女正月」と呼ぶこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました