「婿を取る」とは? 一般的に言われる婿と養子縁組が伴う婿養子の違い

結婚
この記事は約2分で読めます。

結婚と言うと女性が男性の姓を名乗ることが比較的多いですが、男性が女性の姓を名乗る場合もあります。一般に婿に入るという状態ですが、それと婿養子は違うことに注意してください。

跡取りのために婿を取る場合は、ただの「婿入り」となるため「婿養子」とは違うものだということをしっかり区別しておきましょう。

婿とは

一般的に妻の両親が娘の夫のことを「うちの婿」と呼ぶことはありますが、本当は結婚によって男性が女性側の姓を選択した場合にのみ「婿を取る」と言えます。ですので、奥さんの実家に住んで奥さんの両親と同居していても、奥さんが旦那さんの姓を名乗る場合は婿ではないということです。

逆に、奥さんの両親と同居しなくても、男性が奥さん側の姓を選択して、奥さんが世帯主・戸籍筆頭者になる場合を、婿と呼ぶということを覚えておきましょう。

婿養子とは

婿と婿養子は違います。ただ男性が女性の姓を選ぶだけでは婿養子にはなりません。結婚によって女性の姓に変更して、さらに妻となった女性の両親と養子縁組を結んで初めて婿養子になります。この状態を、女性側から見て婿取婚と言います。

ただ、日本には婿や嫁などの制度はすでにないため、婿取婚の定義が法的に定められているわけではありません。ただ、養子縁組を結んだことで、男性には妻の両親に対して相続権と扶養義務が発生します。これがただの婿と婿養子の最大の違いです。

婿養子のメリットとデメリット

婿養子のメリットとして一般的に言われるのが、嫁姑問題に悩まなくて済むというものです。しかし、奥さんの両親と同居する場合なら、ただの婿でも婿養子でも同じことですので、これがことさら婿養子になるメリットとは言えません。

また、自分の母親と奥さんの関係に悩まなくてよいとしても、奥さんの両親との関係を良好にするための努力は必要です。それより、婿養子ならではのメリットとして挙げられるのは遺産相続でしょう。

養子縁組しているため、男性は自分の両親からだけでなく、奥さんの両親からも遺産を相続する権利が得られます。奥さんの両親としても、法定相続人が増えて相続税控除額が大きくなるため、節税対策に有効です。ただし、奥さんの両親が借金を残した場合は、その借金も相続しなければならなくなるというデメリットもあります。

また、離婚する場合、婿養子だと複雑な手続きを取らなければならないこともデメリットです。それに、離婚届と養子離縁届を一緒に提出する必要があるので、夫婦だけでなく奥さんの両親にも離婚を承認してもらわなければなりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました