土用の丑の日はいつか?うなぎを食べる理由は?

行事
この記事は約2分で読めます。

土用の丑の日はいつなのか

夏の暑さが本格化する頃、土用の丑の日になると、うなぎを食べるのが定番となっています。この土用の丑の日というのは、夏だけだと思われがちですが、実際には年に4回以上あることは意外と知られていません。

土用というのは、暦の上での立春(春頃)、立夏(春頃)、立秋(夏頃)、立冬(秋頃)の前の約18日間のことを指しています。そして、その土用の期間にある丑の日というのが、土用の丑の日というわけです。

やや古風なカレンダーや暦などには、各日付に十二支が設定されており、丑の日というのはそのうちの丑の日ということです。場合によっては、土用に丑の日が2回以上めぐってくるケースもあり、それぞれ一の丑、二の丑と呼ばれています。

なので、本来、土用の丑の日は春夏秋冬の各季節に最低1回はあるものなのですが、現在、土用の丑の日は夏にうなぎを食べる日として認知されています。

ちなみに、2020年7月21日(火曜日)が土用の丑の日となります。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

夏の土用の丑の日にうなぎを食べるようになった起源は、いろいろな説が存在しています。ですが、もっとも有力とされているのが平賀源内のアドバイスという説です。

売上が低迷して困っているうなぎ屋に、土用の丑の日に「本日土用丑の日」と張り紙をするようアドバイスしたところ、大人気になったことから、土用の丑の日にうなぎを食べる習慣が広まったと言われています。

日本にはもともと季節の変わりめに、「う」のつく食べ物を食べると健康維持に良いとされる風習があったため、この風習や夏場バテにも良いうなぎの性質が合わさって、土用の丑の日のうなぎのブレイクにつながったと言えるでしょう。

現在では、夏以外の土用の丑の日でもうなぎを大きく売り出しているスーパーや小売り店なども増えてきているので、徐々に本来の土用の丑の日の意味に回帰しつつあると言えます。

土用の丑の日に食べたいもの

土用の丑の日にうなぎを食べるというのは、明確な科学的な根拠がある風習ではないため、丑の日なので、「う」のつく食べ物なら問題ないともいわれています。

代表的なものは、うどんや梅干し、ウインナー、きゅうりなどが挙げられます。いずれの場合でも、季節の変わり目で体調を崩しやすいことを考慮し、健康維持に役立ちそうなものを食べることがポイントと言えます。

昨今、うなぎは値段が高騰していて、庶民には手が出しづらい状況ですので、うなぎ以外で代用してみる手もあると言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました