ハワイやグアムは日本の免許証でOK?国際免許証は必要?

豆知識
この記事は約2分で読めます。

ハワイやグアムに旅行する際、向こうで車の運転をしたいと考える方も多いでしょう。しかし日本で免許証を持っていても、海外では通用しないんじゃないかという不安もあるはずです。

そして国際免許証を取得したいと考えるかもしれませんが、日本語がある程度通用するハワイやグアムなら問題ないとも言われています。ここではハワイやグアムに行く際、国際免許証が必要かどうかをお伝えしていきます。

ハワイやグアムなら日本の免許証でいい?

まずハワイやグアムなら日本の免許証でいいかというと、結論から言えば特に問題ありません。そもそも国際免許証というのは、免許証を翻訳したものという位置付けです。なので日本の免許証さえあれば、海外でも運転は可能になってきます。

もちろん日本語が通用しない国、日本人観光客が少ない国であれば、国際免許証がないと車をレンタルできないことも多いので注意が必要です。ただしハワイやグアムは、普通のお店でも日本語が通用するくらい日本と馴染みが深いので、日本の免許証さえあれば車を借りることができます。

念のため国際運転免許証を発行しておくと吉

一方で、ハワイやグアムと言えど、全てのサービスにて日本語が通じるわけではありません。当然日本とは違う国なので、日本語で書かれた免許証を出しても怪訝な顔をされるだけという可能性もあります。特に観光客が多くなる時期であれば、念のため国際免許証を発行しておくのが理想です。

日本の運転免許証と一緒に国際免許証を出せば、まず車を借りられないなんてことは起こりません。国際免許証は、一から試験を受けたりする必要もなく、簡単な手続きで発行できますので、念のため持参しておくのが吉と言えます。

国際免許証はどうやって発行するの?

国際免許証の発行ですが、免許センターか国際免許センターに行けば即日で発行してもらえます。手続きが始まればすぐに終わりますので、あっという間に手続きは完了します。発行料は2,400円(税込)で、有効期限は1年間です。頻繁に海外へ行かれる方は、一度取得しておけばしばらく使えるため、一度取得しておくことが望ましいと言えます。

なお、免許センターが近くにないという方は、最寄りの警察署でも取得することが可能です。ただし、警察署の場合は発行まで3週間前後の時間を要してしまうため、早めの手続きが必要になります。もし旅行が近日中に迫っているようであれば、無難に免許センターへ足を運ぶことがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました