助産院と産婦人科の違いはどこにある?

出産
この記事は約2分で読めます。

出産するにあたって、産婦人科のほかにも助産院という選択肢もあります。両者にはどのような違いがあるのか、妊娠した際どちらを利用すればいいのか迷う人もいるでしょう。どう違うのか説明します。

医療行為ができるかどうかが大きな違い

簡単に言ってしまうと医療行為のできるのが産婦人科で、できないのが助産院です。助産院には医師免許を持ったスタッフがいません。もし順調に妊娠して、正常分娩ができれば助産院でも問題はありません。しかし帝王切開など医療行為の伴う出産方法をとる場合、産婦人科で産む必要があります。

ただし助産院でも万が一に備えて、医療機関と提携している場合が多いです。このため緊急事態の場合には、速やかに病院に搬送されますから、その部分の心配はないです。

産婦人科で出産

産婦人科などの医療機関で出産する場合、帝王切開や無痛分娩などいろいろな選択肢に対応しています。両親や配偶者などは立ち合いも可能です。ただし産婦人科の場合、少し機械的な印象を受ける方も多いようです。

医師はローテーションで回しているため、健診時と出産時で先生が異なることも十分考えられます。また出産後、赤ちゃんと同室になれるかどうかは病院によって対応は分かれます。もし心配であれば、前もって確認をとったほうがいいです。

助産院で出産

助産院で出産する場合、アットホームな雰囲気の中で産めるというところを評価する声も多いです。健診も一人一人に時間をかけて、丁寧に行うという意見もしばしば見られます。病院では健診をいい加減に行っているわけではもちろんありません。しかしより一層丁寧な対応をしてくれるところが多いと言われます。

通院する場合も完全予約制となっているため、約束した時間に行けば待たされることもなくスムーズに診療をお願いできます。ただし助産院の場合、先にも述べたように医療行為が一切行えません。自然分娩をベースにするため、それが実現できるように自己管理や努力が求められます。このため、食生活や運動に関する指導は病院よりも厳しく行われる傾向が見られます。

金額で比較する助産院と産婦人科

出産するにあたって、やはりどの程度の費用が必要かは気になるところです。一般的に産婦人科の方が費用はやや高めの傾向が見られます。

産婦人科の費用は大体43~60万円といったところが相場と考えておきましょう。一方助産院の場合、金額は42~51万円といったところです。自然分娩のため、その分コストが低く抑えられるためです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました