加湿器と空気清浄機にはどのような違いがある?

豆知識
この記事は約2分で読めます。

多機能なのは空気清浄機

冬場の乾燥対策として家電販売店で加湿器もしくは空気清浄機を購入したいという人は多いでしょう。ところで加湿器と空気清浄機、具体的にどのような違いがあるのかよくわからないという人はいませんか?

簡単に言うと加湿器は文字通り加湿機能しか持ちません。そこにプラスアルファの機能を搭載しているのが、空気清浄機です。加湿器なら乾燥対策のほかにも部屋にハウスダストの浮遊を抑制する、湿度を上げることでウイルスの繁殖を抑制する効果が期待できます。

一方、空気清浄機は空気の汚れを感知して、これを正常する機能も搭載されています。アレルゲンや害虫のふん、PM2.5をはじめとした大気汚染物質などの除去も可能です。さらに体臭やたばこの香りなどの嫌なにおいを除去する効果も期待できます。

多機能なものでよりきれいな空気を部屋の中で吸いたいと思っているのであれば、空気清浄機を購入したほうがいいでしょう。

年間通じて利用できる空気清浄機・どんな時に使えばいいか?

加湿器の場合、主に冬場、ひどく乾燥したときに使用するのが一般的です。乾燥対策をすることで、まず美肌効果が期待できます。

肌にとって乾燥は天敵とも言えます。しかも乾燥しているとウイルスや細菌が空中に漂いやすくなり、感染リスクが高まります。そこで加湿器を使用するとウイルスに水分が付着して、空気中に漂いにくくなります。つまり感染する危険性も低くなるわけです。

一方空気清浄機の性能を見ると、年間通じて活躍するでしょう。ウイルス対策のほかにも春先に悩まされている人も多い花粉症対策、排気ガスなどの大気汚染物質の除去、におい対策もできるからです。

梅雨時じめじめしてカビが心配という人もいるでしょう。カビも空気清浄機なら察知して、除去する性質があります。よりオールマイティな存在といっていいでしょう。

加湿空気清浄機という種類も

最近では加湿空気清浄機といって、両方の機能を兼ね備えた家電製品も出てきています。加湿器だけだとウイルスなどに水分を含ませることで床に落とすことはできますが、撃退するところまでには至っていません。しかし加湿空気清浄機の場合、空気清浄機能を使ってウイルスを除去してくれます。

花粉についても同様で、加湿器だけでも花粉を床に落とせます。花粉症の方ならおわかりでしょうが、雨の日は症状が軽くなります。これは雨粒によって空気中に漂っている花粉を落とし、洗い流してくれるからです。

しかし空気が乾燥すれば、また空気中に漂います。加湿空気清浄機の場合、床に落ちた花粉も除去してくれるので快適な生活が送れるわけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました