前衛的とはどういうこと?意味や使い方について

雑学
この記事は約2分で読めます。

よくファッションや芸術作品などを指して、「前衛的」と評されることがあります。それらは一風変わった作品だったり、常人には理解ができないものとなりますが、この前衛的という言葉はどのような意味として使われているのでしょうか。

今回は前衛的という言葉の意味と、使い方について解説をしていきます。

前衛的とはどういう意味?

前衛的とは、時代に先駆けているものを指す言葉です。既存の価値観に一切捉われない、革新的なものを前衛的と言います。例えば今まで見たことのないような、奇抜な絵やファッションなどを想像していただければわかりやすいでしょう。

元々の語源はフランスの「アヴァンギャルド」という言葉で、これを日本語に直訳したのが「前衛」という言葉になります。そして革新的なものを指す言葉として、前衛的という言葉が日本でも広まっていったのです。

前衛的という言葉が生まれた背景

この言葉が生まれた背景を知っておくと、その意味を更に深く理解することができます。

元々の語源アヴァンギャルドが生まれたのは、第一世界大戦以降に起こった、ヨーロッパの芸術革新運動の最中です。この頃今までの保守的な価値観を壊し、全く新しい価値観を広めようという流れが起こり、この運動に参加した芸術家や彼らの作品を「avant-garde(アヴァンギャルド)」と呼ぶようになりました。

元々の意味は軍隊の前衛で、先頭に立って敵と戦うという敬意の意味も込めて、積極的に使われるようになっていったのです。これは世界中に影響を与えることになり、当然日本も大きな影響を受けています。そのため日本でも直訳された言葉が広まっていき、今となっても使われ続けています。

前衛的の使い方は?

前衛的という言葉は時々「今風」とも捉えられがちですが、それは当たらずとも遠からずといった感じです。むしろ在り来たりなものであれば、本来の意味とは真逆にもなり兼ねません。

前衛的とは革新的なものを指しますので、奇抜だったり一風変わったもの、今までになかった斬新なものを指して「前衛的だ」と言います。

例としては、「服のデザインが前衛的だね」「この芸術家は、前衛的な作品ばかり世に出している」という形で使われます。あまりにも特殊で常人の理解が追いつかないものだけではなく、一部で流行しているトレンディなものにも割と使われる言葉です。

こういったファッションや作品を好む人に対し、「前衛的だね」「アヴァンギャルドだね」は褒め言葉になりますので、ぜひ積極的に使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました