初夢は何日に見るものが正しい?縁起がいいものは?

雑学
この記事は約2分で読めます。

幸運を呼び込む、あるいは縁起が良いという表現は誰にとっても魅力的です。年末年始になると、1年の運を占う重要なポイントとして「初夢」が注目されます。では、そもそも初夢とは何でしょうか。また、どんな夢を見ると縁起が良いのかについても調査してみましょう。

初夢は1月1日から2日にかけて見る夢のこと

初夢について「大みそかから元日にかけて見る夢」と考えている人は少なくありません。もちろんこの表現に関しては諸説あるものの、大抵は新しい年を迎えてから初めて見る夢ということで「元日から2日にかけて見る夢」が正しい定義とされています。

江戸時代には七福神を描いた縁起物の絵画が毎年1月2日に売り出されたことから、その夜つまり1月2日から3日にかけて見る夢が初夢とされたこともありました。とはいえ、時代を経て再び現在の定義に戻されたというのが一般的な考え方となっています。

初夢で縁起が良いのはどんな夢?

初夢に登場すると縁起が良いアイテムとして「一富士、二鷹、三茄子」ということわざがあります。富士山は高く雄々しいことが強さや成長を示すものとして評価されています。一方、鷹は獲物を掴んで離さないことから、成功を掴み取ることができるという点で縁起が良いとみなされています。

茄子は「(大願を)成す」という言葉と響きが同じであることから高い評価を受けています。茄子に続くのは「四扇、五煙草、六座頭」です。扇の縁起が良いとされるのは形が末広がりになっていることに由来しています。一方、煙草は煙が常に上へ向かうことから「運が上向く」としてやはり縁起物であるとされます。

座頭つまり琵琶法師が6番目に縁起物とされている理由としては、髪の毛を綺麗に剃り上げていることから「毛が無い」つまり「怪我無い」という点が挙げられています。

目覚めの悪い夢を見てしまったらどうする?

せっかくの初夢で気持ちの悪い夢を見てしまったならどうすればよいのでしょうか。1年の安全や無事を祈願するために神社へお参りに行くというのが1つの対処法でしょう。参拝をした後でじっくりと敷地内を散策して気分を整えるというのはおすすめです。

とはいえ、もっと簡単な対処法があります。それは「身近な人に夢で見たことを聞いてもらう」という方法です。夢は人に語ると実現しないと言われていますから、いやな内容はすぐに誰かに聞いてもらうことで厄祓いとすることができます。

「悪い夢は物事が好転する前触れ」という考え方もありますから、初夢が思うような内容ではなかったとしてもそれほど落ち込む必要はない、ということを覚えておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました