自然分娩や帝王切開などいろんな出産方法の特徴

出産
この記事は約3分で読めます。

分娩にはいろんな方法があり、現代では比較的自由に出産方法を選べるようになりました。そこで、一般的に多い分娩方法の種類を見ていきましょう。

自然分娩

多くの人がイメージする分娩方法が自然分娩です。赤ちゃんが産道を通って生まれてくるため経膣分娩とも言います。ただ、自然分娩の定義は厳密ではありません。

妊婦の力だけで自然に逆らわず出産するというのが本来の自然分娩の定義ですが、病院で鉗子や吸引、促進剤など人工的な助けを借りて出産した場合も、産道を通って赤ちゃんが生まれてきたということで自然分娩と呼ぶ場合があります。

帝王切開

自然分娩が難しい・できないと判断された場合には、お腹を切開して赤ちゃんを取り出す帝王切開という分娩方法を取ることがあります。逆子や双子以上の場合、母親の骨盤が狭い場合など、赤ちゃんに危険が及んだり母体が耐えられそうになかったりする時に取られる処置です。

お腹を切開すると聞くと不安に思うのは当然ですが、これが安全かつベストな方法と判断されて取られる処置ですので、必要以上に怖がる必要はありません。

お産を経験してきた人やそうでないまわりの人からの心無い言葉の中に、自然分娩に比べて帝王切開が楽なお産だと言われることも少なからずありますが、決してそうではありません。医学が進歩した現代でも出産は命がけのものです。赤ちゃんの命と母体の命を一番に考えた結果がお腹を切開する帝王切開になったというだけのこと。立派なお産であることは間違いありません。

計画分娩

あらかじめ決めた出産日に向けて、計画的に出産する方法が計画分娩です。妊婦に持病がある場合、双子以上の場合、生活上の必要性から出産日を自分で決めたい場合などに行われます。また、大幅に出産予定日を過ぎている場合にも行われる方法です。

計画分娩では、陣痛を誘発するために陣痛促進剤が用いられます。多くの病院では、平日の日中など病院スタッフが常駐している日時に予定日を設定して、万一のトラブルに備える体制です。

無痛分娩

欧米では大多数を占めるのが、麻酔でお産の痛みを和らげる無痛分娩です。陣痛時から麻酔を使用するため、持病がある女性や痛みに弱い女性などに選ばれています。病院によって麻酔方法は違いますが、今では欧米で主流の硬膜外麻酔を用いることが多いです。

母親の意識はしっかりしており、陣痛の痛みだけを和らげるため、自分でいきめますし赤ちゃんの産声も聞けます。また、途中で状況が一変して帝王切開を行う必要がある場合でも対応しやすいため、万一の場合に備えられる安心の分娩方法と言えるでしょう。

なお、麻酔の赤ちゃんへの影響を心配する人もいます。しかし、局所麻酔では麻酔薬が胎児に届くことはなく、また、医師が厳重に管理して麻酔を投与するため、赤ちゃんへの影響はほとんどないと考えてよいでしょう。ただし、場合によっては陣痛が弱いことで上手にいきむことができずに、出産が長引くこともあるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました