出産内祝いのマナーについて

マナー
この記事は約2分で読めます。

内祝いとは、現在ではお祝い品をもらった人たちへお返しとして贈り物を贈ることを指す場合が多いです。ここでは、出産祝いのお返しとして贈る内祝いの金額や贈る時期の一般的な目安を紹介します。

出産の内祝いとは

内祝いとは、本来は文字通り身内のお祝いとしての意味があり、祝うべきことのあった人が身内にその喜びを分かち合うために贈り物を贈ることでした。今ではその意味から離れて、お祝いしてもらったことのお返しという意味合いで用いられています。

出産内祝いと言いえば、出産祝いをもらった人へのお返しと捉えるのが一般的です。

内祝いを贈る時期

内祝いは、赤ちゃんが生まれて1ヶ月程度を目安に贈るのが一般的です。ただ、贈る時期は地域の慣習によっても異なります。

基本的にはお宮参りのころを一つの目安と考えるとよいでしょう。遅くても赤ちゃんの生後2カ月ごろまでには贈ります。

ただ、赤ちゃんの生後1~2カ月ごろと言いえばとてもお返しの贈り物を選ぶ余裕などない方が大半です。ましてや遠方の親戚を訪問して、直接お返しを手渡しすることは難しいのではないでしょうか。

そういう場合は、ギフトショップからの配送でも大丈夫です。手渡しでないからといってマナー違反と捉える人は少ないでしょう。ただし、郵送する場合は、事前に相手にその旨を伝えておくのがマナーです。

贈るタイミングを逃した場合

赤ちゃんの生後1~2カ月ごろが内祝いを贈る目安といっても、育児に忙しくてタイミングを逃してしまうこともあるでしょう。お母さんの体調が優れないこともありますし、そういう場合は無理して急がなくてもかまいません。ただし、遅れて内祝いを贈る場合は、お礼状にお詫びの一言を添えましょう。

なお、贈るタイミングは問題なくても、贈り物に挨拶状がないとマナーがなっていないと思う人も少なからずいるでしょう。一言でもいいので、手書きでお礼を記しておけばちゃんと感謝の意が伝わるのではないでしょうか。

内祝いにかける金額の目安

内祝いに贈る贈り物の金額は、いただいたお祝いの金額の半分程度が目安です。

いただいたものより高額のお返しをした場合、マナー違反と捉えられることもあります。特に年配の人を中心に多いです。ただし、いただいたお祝いに対して安すぎるのも失礼ですので、なるべくその金額の3分の1以上はかけるようにしましょう。

なお、お返しの金額は、お返しする相手との関係性によっても変わります。地域の慣習で決まっているということもあるでしょう。わからない場合は、事前に両親に聞いておくなどして臨機応変に対応することが望ましいです。

出産祝いはどんなものがいい?現金はNG?

コメント

タイトルとURLをコピーしました