会社でよく使いがちなNG敬語とは

雑学
この記事は約2分で読めます。

学生から社会人になるとやはり、敬語はとても重要なものとなります。しかし、実際は、使いがちなNG敬語と言うものは非常に多く、悪気もなく使い続けてしまう人も多いようです。では、実際、使いがちなNG敬語には、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は、会社でよく使いがちな間違った敬語を紹介します。

「ご苦労様です」と「お疲れ様です」

「ご苦労様です」と「お疲れ様です」は一見どちらも正しい敬語のように思われ、「ご苦労様です」という言葉を知らず知らずのうちに使っているという人も少なくありません。しかし、これは大きな間違いです。

「ご苦労様です」という言葉は敬語ではなく、目上の人が目下の人に対して使う言葉となります。その為、部長などが平社員にいう言葉となります。この場合の正しい言葉は、「お疲れ様です」となります。

社内で上司に挨拶する場合や、また、社内に来客があった場合なども「ご苦労様です」ではなく、「お疲れ様です」を使用するようにします。

「伺わせていただきます」と「伺います」

一見、「伺わせていただきます」の方が「伺います」よりも丁寧な敬語のように思えますが、実は、「伺う」と「いただく」はどちらも謙譲語となり、二重敬語となります。その為、日本語的には間違った文法となってしまうのです。

この場合、正しい敬語は「伺います」になります。会社や仕事、取引相手へのメールなどでもこの間違った二重敬語はよく使われがちです。丁寧な言葉を心掛けすぎる事で、このような間違った二重敬語を使わないように注意する必要があります。

「とんでもございません」と「とんでもないことです/恐れ入ります」

目上の人やお客様などに褒められた際、使いがちな「とんでもございません」という言葉があります。これは、文法的に間違った日本語となり、正しくは、「とんでもないことです」という言葉となります。

しかし、この場合、あまり使いなれていない、聞きなれていない、という事も考えられる為、言葉自体を置き換え、「恐れ入ります」という言葉にすると正しい敬語として使う事ができます。

このように、聞き慣れている敬語の中にも、実は間違って覚えていた、使っていたというものがたくさんあります。失礼にならないように丁寧な言葉を言おうと思うなかで、おかしな敬語を作ってしまうことがないように、今一度、正しい敬語を見直してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました