中秋の名月と十五夜の違いと風習

行事
この記事は約2分で読めます。

中秋の名月と十五夜の違いについて

毎年、秋頃になるとお供え物をして月見をするという風習が日本にはあります。十五夜や中秋の名月というフレーズで呼ばれたりすることもありますが、十五夜と中秋の名月は違う意味を持っています。

中秋の名月は秋の真ん中に出る名月のことを指し、旧暦で秋は7月~9月ですので、その真ん中、旧暦の8月15日に出る月のことを指しています。

一方で、十五夜というのは旧暦における15日の夜のことを指し、これは毎月あるものです。中秋の名月も15日の夜ですので、十五夜の一つではあるのですが、毎月あるか1年に1回なのかという点が大きな違いとなっています。

現在に日本は旧暦ではなく新暦を用いているため、中秋の名月は9月7日~10月8日の間にある満月の日となっています。なので、年によってそれなりにタイミングに違いがあります。

中秋の名月の歴史的な由来

中秋の名月は、秋ごろにお月見をする風習として定着していますが、その歴史的な由来はかなり古く、盛んになったのは平安時代とされています。

中国では古来から天体を観測する文化があり、月の満ち欠けや日食、月食などで個人の運命や国家の行く末など様々なものを判断してきましたが、そういった風習が中国から日本に伝わり、それが日本でも定着したのがお月見の起源の有力説とされています。

ただ、このような優雅なお月見は上流階級の間だけで行われていたもので、庶民まで広く普及するようになったのは、江戸時代に入ってからであると言われています。庶民が行うお月見は、ただ月を眺めるだけでなく、豊作などの現実的なご利益を願ったものとして広まっていったとされています。

お月見のお供え物と風習

お月見ではお供え物をするのが普通ですが、それぞれ明確な意味があって行われています。

ススキ

お月見を象徴するお供え物の一つがススキです。お月見が豊作を願う風習として庶民に広まったという背景があるように、ススキは来年の方策を願うという意味が込められています。

秋の七草であるススキが用いられるのは、見た目が稲穂・お米に似ているからだと言われています。また、魔除けとしての意味合いも存在しています。

月見団子

お月見を象徴するもう一つのお供え物が月見団子です。月見団子は月の象徴として、15個をピラミッドのように並べるのが決まりとなっています。これは団子を月に見立てて今年の感謝の気持ちを示すという意味合いがあります。

十五夜のお月見が行われる時期は、農民にとって収穫の時期と重なるため、収穫への感謝と来年への願いがお供え物にも込められているのが興味深いところと言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました