ヘレン・ケラーに感銘を受けた言葉とは

格言・名言
この記事は約2分で読めます。

ヘレン・ケラー は、あまりにも不遇な障害を背負って生まれながらも、そのハンディキャップを乗り越えるような形で、逞しく生きられた偉人であります。

そんなヘレン・ケラーですが、重篤な障害を負った状況としましては、1歳半の時に高熱(現在では猩紅熱と考えられている)に伴う髄膜炎に罹患する。医師と家族の懸命な治療により一命は取り留めたものの、聴力と視力を失い、話すことさえできなくなったと言う内容でありました。(出典:ウィキペディア)

そんな悲運な運命なのにも関わらずヘレン・ケラーは自分の障害と向き合い、様々な自分自身に降りかかる試練を乗り越えるような形で、やがて様々な功績が認められて表彰されるような立場へとなります。

そして、ヘレン・ケラーが自らのことを決して不遇だとは思わず、自分自身の障害を乗り越えるような形で、いろんな名言を世に残す形となります。その名言の一部がこちらです。

Although the world is full of suffering, it is full of the overcoming of it.

世界は辛いことでいっぱいだけれども、それに打ち勝つことでもあふれている

Keep your face to the sunshine and you cannot see the shadow.

顔をいつも太陽のほうにむけていて。影なんて見ていることはないわ

The only thing worse than being blind is having sight but no vision.

目が見えないことは悲しいけれど、見える目で何も見ないことはもっと悲しいわ

Life is either a great adventure or nothing.

人生とは、素晴らしい冒険かそれともつまらぬものか、そのどちらかです

この他にもたくさんの言葉を残しているヘレン・ケラーですが、目が見えなく耳が聞こえない状態でも、そこから素晴らしい人達と出会い、自分を奮起して奮い立たせることで、自分自身を強く変えていくことができる、また苦難を乗り越えた先には様々な面で評価され、必ず自分自身を変えることができるともとれる力強いメッセージであるような気がします。

聞こえない、見えない、話せない、という状況から並々ならぬ努力や好奇心、強い精神力を兼ね備えた彼女を見ていると、人間の可能性は無限のものなのだと感じられるでしょう。いろんな状況で生きている人たちや悩んでいる人たちを奮い立たせてくれる名言であると実感します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました