シーサーってなに?歴史や風貌について

豆知識
この記事は約2分で読めます。

シーサー誕生の歴史

今や沖縄の守り神としてあらゆる場所で見かけます。沖縄に行けばお土産で買うのも定番になっていますが、民家の屋根や玄関の前に置かれているのをよく目にします。沖縄が守り神として置かれるようになったのは、実はある出来事がきっかけです。

昔、沖縄では火事が相次ぎました。なんとかしたいと町の人々が困り果てている時に、ある風水師に相談をしました。風水師は獅子の像を作り、それを飾れば災いは収まると助言をしました。その通りに獅子の像を作ったところ、今まで起こっていた火事が嘘のようになくなりました。

そのことからシーサーは火の災いから守ってくれる神様として、沖縄ではシーサーを置くようになりました。シーサーが獅子のような見た目をしているのもそのためです。シーサーという言葉自体が、沖縄の言葉で獅子を意味する言葉なのです。神社にいる狛犬と似ているため同じかと思いきや、狛犬は犬であり、シーサーとはまた違ったものとなります。

シーサーには種類がある?

沖縄に行くと屋根の上に置かれているシーサー、家の前に置かれているシーサー、お城などに飾られているシーサーとたくさんの場所にシーサーがいます。それらのシーサーはそれぞれ置く場所だけではなく、風貌も異なっています。

お城の上などの屋根の上にやや凶暴な姿で飾られているのは、宮獅子と呼ばれるシーサーです。これは守り神というよりかは権威の象徴として置かれています。

村の入口や高台に置かれているのが、村落獅子です。これは一番シーサーの守り神としての意味を果たしているシーサーです。村や町を守るものとして置かれています。

一番身近で、一般的によくおかれているものを家獅子と言います。その名の通り家獅子は家の門の前に飾ることが多いシーサーです。この場合、家を守るものとして置かれています。

このようにシーサーは置く場所によって種類が異なり、守る物の意味も変わってきます。

シーサーの飾り方

シーサーには正しい飾り方があります。基本的にシーサーは屋根の上に一体置いている物以外は、二体で一対となっています。口を開けているシーサーと、口を閉じているシーサーを並べます。

実はこれで性別を見分けることができます。開けているのが雄、閉じているのが雌なのです。雄と雌を並べて飾るのは、まるで夫婦のシーサーを飾っているようですね。シーサーを正面に置いた時に右手に雄を置き、左に雌が来るように置きます。

シーサーの置物や、お土産でもらうような小さな置物を見ても必ずこの並びになっています。雌雄と知って見ると少し面白いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました