イースターって?何をする?

行事
この記事は約3分で読めます。

イースターはいつなのか

2020年は4月12日がイースターの日となります。来年の2021年は4月4日となります。

イースターの日付は年によって変わりますが、いつになるのかという明確なルールは存在します。「毎年の春分の日の後に来る最初の満月の後の最初の日曜日」がイースターの日です。なので、毎年春頃になると行われると覚えておけばいいかもしれません。ただ、年によっては1か月ほど違いが生じる場合もあります。

イースターは何をする日なのか

イースターはキリストの復活祭のため、キリスト教徒にとってはクリスマスより重要な日とされています。

近年、日本にはハロウィーンやバレンタイン、エイプリルフールなどといった欧米の様々な風習が入ってきて定着していますが、イースターも少しずつ定着している感があります。

100円ショップや雑貨屋さんでもイースターに関する飾りなどが2~3月頃からたくさん並べられていますので目にすることが多くなったのではないでしょうか。

イースターはキリストの復活祭という字面だけとらえると堅苦しいイメージとなりますが、実際には家族や友人とごちそうを食べて楽しく祝う日となっています。その時、キリスト教における生命の誕生を意味する卵やうさぎなどの料理やグッズなどを堪能するのもイースターの大きな特徴と言えます。

イースターの由来

イエスキリストは、全人類の罪を背負って磔にかけられてしまいますが、3日後に復活したという伝説があります。その復活に由来するお祭りがイースターの由来となっています。キリスト関連のお祭りというと、クリスマスが日本では有名ですが、クリスマスはキリストの誕生日がベースとなっています。

キリスト教においては、キリストが生まれるということより、人類の原罪をすべて背負って亡くなったキリストが復活するということのほうが重要な出来事ですので、キリスト教徒にとっては、非常に重要で不可欠なお祝いとして、現在まで扱われていると言われています。

イースターの楽しみ方

イースターでは、クリスマスの日のように家の中に飾り付けをしたり、料理を楽しむのが定番の楽しみ方です。その際に主役となるのが、イースターの象徴でもある卵です。卵を使った様々な料理がふるまわれたり、卵のように飾り付けた料理が登場するのもイースターならではです。

飾りつけも、イースターエッグといった卵を中心とした飾り付けを行ったり、もう一つの象徴であるうさぎの置物などを飾り付けることになります。

また、家の中にイースターエッグを隠して、それを見つけるというエッグハントも、子供たちに人気の遊びとなっています。日本で定番のお菓子となっているチョコエッグなどは、このエッグハントにぴったりのお菓子ということができるでしょう。

今年はお家の中でエッグハントで楽しんでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました