イタリアンとフレンチ、ビストロとバルの違いはどこに?

豆知識
この記事は約2分で読めます。

今では日本にいても世界各国の料理を食せます。その中でもフレンチとイタリアンは世界を代表する料理で、日本人の間でも高い人気を誇ります。

ところでフレンチとイタリアンの違いについてきちんと理解していますか?食事の知識として持っておくと、話の種にもなるはずです。

世界を代表する料理のイタリアンとフレンチ

イタリアンとフレンチとではまず食材に違いが見られます。

イタリアはオリーブの産地として有名で、炒め物だけでなく蒸し料理や焼き料理、サラダのドレッシングなどにもオリーブオイルはしばしば使われます。

一方フランスは酪農大国としても有名です。そこでフレンチでは乳製品を使ったメニューが結構あります。野菜のソテーでバターを用いる、ソースに生クリームを含めるなどは代表的です。

また調理法についても両者には違いが見られます。これはイタリアとフランスの気候による違いが影響しています。

イタリアは温暖な気候のため、できるだけ手を加えることなく素材の味を生かした調理が主流です。イタリアンでは魚介をよく使いますから、ハーブやニンニクを臭み消しとして活用する傾向も見られます。

一方フレンチの場合、ソースが命と言われるほど手の込んだものが多いです。これはフランスが涼しい気候のため食材の保存がしやすい、加工品の多いことが影響しています。ひと手間加えるところからどんどんエスカレートして、今ではアートのような盛り付けも見られるほどです。

バルはイタリアなどで使われる

最近「バル」という名称でお店を営業しているところも見かけます。バルとはイタリアやスペインでよく使われる言葉でアルファベットで「Bar」と書きます。英語の「バー」と一緒です。お酒や食事を楽しめるお店といった感じです。

バーと言われると日本ではお酒を飲むところというイメージがあるかもしれません。しかしヨーロッパではバーと料理店が一緒になった感じ、日本でいうところの居酒屋に近いイメージでしょうか。イタリアでバルとして営業しているお店の中には、いわゆる立ち飲み屋もしばしば見受けられます。

ビストロはフランスで使われる

ビストロという言葉もよく聞かれますが、これはフランス語で「小さな居酒屋」といった意味合いがあります。

フレンチというと高級なお店で、ドレスコードもうるさいのではないかと思っている人もいるでしょう。しかしビストロの場合、カジュアルな服装で入っても問題はありません。ビストロではワインのほかにもいろいろな料理を提供しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました