アルゴリズムってなに?

雑学
この記事は約2分で読めます。

最近インターネットの発達によって、アルゴリズムという言葉をよく耳にするようになりました。実際に言葉として使っている方も増えていますが、意味をよく知らないという方もかなり多いことでしょう。

ここではアルゴリズムという言葉の意味について解説をしていきますので、知らなかった方はぜひこの機に覚えておいてください。

アルゴリズムの意味は?

アルゴリズムというのは、コンピューターやプロブラムにおける、問題解決の手段や計算方法のことです。主に数学的な計算やプログラミング言語を用いて、問題を解決したり何かの答えを導き出すものになります。

基本的には一つの問題に対し、複数のアルゴリズムを用いて回答を導き出すことが多いです。また、最近ではコンピューター関連を越えて使われることもあるため、広義で問題解決の手段という意味で使われるケースもあります。

他にもGoogleの検索アルゴリズムのように、仕組みそのものを指す言葉としても使われることはありますが、大元の意味さえ知っておけば取り違えて解釈することは起こりにくいと言えます。

アルゴリズムはどのようなものに使われる?

アルゴリズムはプログラムや計算式を用いるため、基本的には人間の手作業では到底できないような、膨大な量の作業に使われることが多いです。例えばExcelの関数計算を思い浮かべるとわかりやすいですが、計算を全て手作業でやるのは大変ですが、関数を設定するだけで作業がとても効率的になります。

それから先ほど書いたGoogleの検索結果を、全て手作業で順位を決めるのは到底不可能です。なので正しいものが自動で導き出されるよう、プログラムを用いて自動で産出される仕組みが用いられています。

他にも様々なところでアルゴリズムは用いられていますし、これからAIが普及すればより身近な存在になっていくのです。

アルゴリズムの理解は仕事でも必須になる?

また、今後は単純作業がどんどんAI化されるため、仕事でもアルゴリズムの理解が必要になる場は増えていきます。

小学生の必修科目にもプログラミングが採用されますし、自らアルゴリズムを組む経験を誰しもがする時代になっていきます。少なくともアルゴリズムの意味を知らない人は、ほとんどいなくなると言っても過言ではないのです。

もちろん仕事をしていく面においても、人間よりアルゴリズムを相手にする機会も増えてくる可能性が高いので、今のうちからプログラミングなどへの理解を深めておくことも大切になってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました