新郎新婦に渡すご祝儀にふさわしい金額

結婚
この記事は約2分で読めます。

結婚する二人にとって人生の晴れ舞台である結婚式ですから、せっかく招いてくれたのであればお祝いと感謝の気持ちを示すために祝儀の金額にも気をつけたいものです。

ところが、祝儀の金額についていくらが妥当かなんてことはあまり教わるものではないため、多くの人は初めて結婚式に招かれることになってから「いくら包めばいいんだろう…」と悩むのではないでしょうか。

実際、祝儀の金額がもとでトラブルになることもあるようです。たとえば、金額は不足していなくても、祝儀のマナーを知らずに相手の気持ちを損なうこともあります。そんなことのないように、新郎新婦が友達の場合と親族の場合でご祝儀にいくら包むのが正しいのかを確認しておきましょう。

ご祝儀の相場と言われる金額

一般的には3万円が祝儀の基本の金額と言われています。その基本をもとに、新郎新婦との付き合いの深さや年齢や地位などの関係に配慮して、基本より多めに包むなど調整するのが一般的な金額の決め方です。

祝儀についてのある調査によると、新郎新婦が自分の友達の場合は、基本通り3万円を包むという人が多数を占めています。

一方、新郎新婦が自分の兄弟姉妹、または甥や姪の場合は、基本より多めの5万円を包むという人が多いです。このように、3万円を基本に新郎新婦との血縁や関係性で金額を調整するのが一般的だとわかります。

ご祝儀で避けるべき金額

祝儀の金額にはマナーがあります。キリの良い金額を包むのが基本です。ただし、キリが良くても偶数はなるべく避けるのがマナーと言われていました。ただ、8万円は、「八」という漢数字からもわかるように、「末広がり」ということで縁起の良い金額としてOKとされています。

また、10万円も偶数ですが特に問題ありません。さらに、以前は避けられていた2万円という金額も、「2=ペア」ということで結婚式の祝儀にふさわしいと考えられるようになってきました。

しかし、4万円と9万円は今でもマナー違反とされています。「4」が「死」を、「9」が「苦」を連想させるため、縁起が悪いと思われるわけです。ですので、できるだけ奮発したいからといってあえて4万円や9万円を包むより、それより少ない3万円や8万円にした方が無難でしょう。

家族で出席する時は人数分包む

結婚式に夫婦2人で出席するなど、1人ではなく家族で出席する時は、祝儀はまとめて渡すのが基本です。中身の金額は1人分ではなく人数分を包みます。ただし、2人なら3万円×2人で6万円となりそうですが、偶数ではないキリの良い5万円を包むのが一般的です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました