お遍路さんとは?どこでなにするの?

行事
この記事は約2分で読めます。

近年はパワースポット巡りでも人気となっているお遍路。長い距離を移動するため、健康増進の目的で行われることも増えてきました。ここではお遍路さんに興味がある方に向けて、具体的にどこで何をするのかをご紹介していきます。

お遍路さんとは?

まずお遍路というものが何なのかをご説明していきます。

お遍路とは、約1,200年前に弘法大師(空海)が立てたお寺、八十八ヶ所を巡拝することです。それらは全て四国に点在し、四国の外周に沿って立てられているため、ちょうど四国を一周するような旅になります。その距離は約1,400kmにもなりますので、気軽な気持ちで始めることはおすすめしにくいです。

周る順番は札所の通りの「順打ち」でも構いませんし、逆に回る「逆打ち」でも問題ありませんが、一般的に順打ちで周られる場合が多くなっています。

お寺では何をするの?

お寺に着いたら、門の前で一礼してから中に入ります。車で境内に入った場合も、一度外に出て一礼から始めるのが作法です。

次はお清めを行い、輪袈裟(わげさ)を首にかけて数珠を持ってから鐘打ちをします。鐘打ちは早朝の場合、大きな音を出さないよう優しく打つようにしましょう。その後本堂に向かい、納札と写経をそれぞれ専用の箱へ納めてください。

次は灯明、線香、おさい銭です。ロウソクは1本、線香は3本用意しておきます。ロウソクや線香は奥もしくは上段から、お賽銭は投げ入れずそっと入れるようにしてください。その後は経本を手にしながらお経を読み、終わったら大師堂へ行き参拝をします。

そして最後に、受付にて納経帳へ揮毫と朱印をいただいて、一通りの流れが完了となります。

日数や費用はどれくらいかかる?

お遍路はかなりの距離を移動するため、かかる費用や日数も気になるところです。

まず徒歩で移動する場合は、50日~60日ほどの日数が必要になってきます。かなりまとまった時間が必要になりますので、それなりの覚悟を持って始めるようにしてください。

更に当然食費や宿泊費用もかかり、大体50万円前後はかかってきます。徒歩は達成感もひとしおですが、日にちも費用も高額になってしまうことが特徴です。

歩くのが難しい方、もしくは時間を短縮したい方は、ツアーや自家用車でお遍路をすることも出来ます。どちらも長くて2週間程度なので、社会人の方でも休みを取って行いやすいです。

ちなみにツアーの場合は30万円前後、自家用車の場合は20万円前後の費用が見込まれます。お財布と相談しながら、どの手段でお遍路をするか決めてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました