お通夜のマナーや作法

マナー
この記事は約2分で読めます。

最近は、日中の葬儀や告別式に参列できないため、お通夜のみに参列する人が増えてきました。それに伴い、葬儀全体のなかでもお通夜の重要性が増しています。そこで、お通夜の基本的なマナーや作法を押さえておきましょう。

お通夜に参列する際の服装

お通夜とは、本来、故人が亡くなってすぐに行われるため、参列者は喪服を用意する時間がないこともあり、平服でも良いとされてきました。それどころか、お通夜に喪服を着てくるのは、前もって故人の死を予想していたかのように思われてマナー違反とされることもあったのです。

しかし、現在は葬儀や告別式に参列できず、お通夜のみの参列という人が多くなり、故人との最後のお別れもお通夜の席ということが多くなりました。そのため、今では喪服でお通夜に参列してもマナー違反とはなりません。

また、靴下や靴もブラックで統一します。男性の場合、結婚指輪以外の金具類は身に着けて行かないように気を付けましょう。

受付での作法

会場に到着したら、まず受付でお悔やみの言葉を述べて香典を渡します。受付は故人との関係で列が分かれていることもあるため、列を間違えないように気を付けてください。

香典を渡す際は、直前まで袱紗に包んだままにしておきます。香典袋を取り出すのは、自分の番が来るまで待ちましょう。香典を渡す際は、相手に表書きが読める向きに渡してください。

お悔やみと香典の後は芳名帳へ記帳し、一礼してから下がります。なお、急なお通夜で香典が用意できないこともありますが、その場合は記帳だけで大丈夫です。ただし、葬儀や告別式に参加する際は必ず持参してください。

焼香の作法

焼香とは、自分の身を清めるとともに故人の冥福を祈るための儀式です。焼香は、僧侶の読経が始まってから、遺族や近親者から順に行います。宗派や地方によって焼香の作法にも違いがありますが、基本的には以下の作法に従ってください。

①右手の3本の指(親指・人差し指・中指)で抹香をつまみます。

②その手を返して目の高さに持ち上げます。

③香炉の上で指をこすってパラパラと炭の上に落とします。

この回数は1~3回が一般的ですが、宗派によっても異なるので他の参列者の様子を見ておくとよいでしょう。

なお、数珠は、使用しない時でも椅子や床の上に置くのではなく、左手にかけておくようにしてください。焼香の際は、合掌した手の親指と他の指の間にかけて持ちます。その際、房が真下に垂れ下がるように気を付けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました