お見舞い時のマナーや手土産について

マナー
この記事は約3分で読めます。

突然のケガや病気、様々な理由で病院に入院することがあります。大切な人や普段お世話になっている人のお見舞いに行きたいと思っている人もたくさんいることでしょう。入院している本人もお見舞いに来てくれるのは自分を気遣ってくれているのだと嬉しい気持ちはありますが、お見舞いにも最低限守ったほうが良いマナーがあります。

お見舞いで守るべきマナー

友達や仕事関係の仲間、親戚が入院したと聞くと駆けつけたくなります。しかし、入院した事実を聞いてすぐにお見舞いに伺うのはマナー違反です。相手の状況によっては、人に会いたくないかもしれません。

また大変な病気の場合には面会謝絶になっていることもあります。反対に入院が数日の場合なども、お見舞いに来られてしまうと大げさに感じて相手に気を遣わせてしまうことになります。

気心のしれている仲なら、突然訪れてびっくりさせてやろう!元気づけるためにサプライズで行こう!という気持ちも分からなくはないですが、当人としては見られたくない姿かもしれませんし、身だしなみも整えたいと思うかもしれません。必ず事前にお見舞いに伺っていいか、何時頃行ってもいいのかアポ取りをするようにしましょう。

お見舞い中も気を遣おう

入院してしまうと誰でも気持ちが沈んでしまうものです。そんな時に例え気が置けない友人であっても、いつもしているような冗談で傷つけてしまわないようにしましょう。お見舞い中はネガティブになるような発言は控えましょう。

仕事のことや家族を心配させるような話題もNGです。早く良くなってもらうためにも、他愛もない明るい話を聞かせてあげる方がいいです。また、入院中点滴をしている姿や、病気でやせ細った姿を見ても自分から口に出さないようにしましょう。

相手の体力や体調を考えて、仲のいい人であっても1時間以内には帰るようにしましょう。帰る時は相手に気を遣わせないように、自分から切り上げるようにしましょう。お見舞いのアポ取りをして伺ったとしても、相手が体調を悪そうにしていたら手土産だけおいて引き返しましょう。

手土産は何を渡せばいいの?

お見舞いの手土産で無難なのはタオルです。入院生活の中ではタオルを持っておくと何かと便利です。退院してからも使えるので、持っていっても迷惑になりません。またタオルは水場で使うことから、水に流して病を早くなくすという意味も込められています。縁起のいい手土産です。

他には相手の趣味を知っていれば、小説や漫画などの読み物を渡すのもいいですね。入院生活の中で暇をつぶすのに最適です。相手が好きなものであれば、ゲームを持っていくのもいいでしょう。

反対に入院中の手土産では食べ物は持っていかない方がいいです。入院内容によっては病院食以外食べられない場合もあります。そんな時に持っていってしまうと、相手が困ってしまいます。他にも花は持っていかない方がいいです。

入院の手土産といえば花を飾ることをイメージすることも多いですが、生花は手入れをする手間を与えてしまいます。毎日行く関係であればいいですが、そうでなければ持っていかないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました