お葬式やお通夜に参列する時の子どもの服装

葬儀
この記事は約2分で読めます。

お通夜やお葬式に子どもを参列させる場合、子どもにも喪服を着せた方がいいのかと悩む場合があります。しかし、小さな子どもに礼服を用意しても、すぐに成長してサイズが合わなくなってしまうので、お通夜やお葬式のたびに買い揃えるのは現実的ではありません。ですので、わざわざ子ども用の礼服を買う必要はないでしょう。

子どもの場合、あまり変な格好でなければ特に問題ありませんが、ある程度のマナーとして以下に気をつけたいポイントをまとめておきます。

乳幼児の場合

乳幼児がお通夜やお葬式に参列するということは、故人は近しい親族でしょうから、特に服装にこだわらなくても問題ないでしょう。ただし、汚れたままの服や「夏だから肌着とオムツだけ」というのは考えものですので、なるべく控えめな色の清潔な衣類やおくるみを着せましょう。

それより乳幼児で気を付けたいのが、ぐずったり泣いたりした時にすぐ外に出られるように、入り口に近い場所に座ることです。

幼稚園以上の子どもの場合

子どもが幼稚園以上で制服がある場合は、制服を着ておけば問題ありません。多少色が入っていても大丈夫です。制服がない場合は普段着でもかまいませんが、なるべく清潔な印象を与える服装が望ましいです。

入園式や入学式で着たスーツがあるのならそれがいいですし、それがない場合は、白のポロシャツなどと黒や紺系のズボンやスカートで合わせるのがよいでしょう。白のポロシャツでなくても、あまり派手でない服なら問題ありません。

なるべくならダーク系の無地のものがよいですが、ないのならベストなどを上に着せて隠すとよいでしょう。また、女の子の場合、派手なヘアピンやゴムは外しておくのが無難です。

足元で気をつけたいポイント

服装は以上ですが、子どもの足元にもある程度は気を使いましょう。ただ、小学生以下でフォーマルな靴を持っている子どもは稀ですので、ふだん履いている運動靴で大丈夫です。ただし、真っ赤や真っ黄色などの派手な靴は避けましょう。

夏場でもサンダルや草履などつま先が出る履物は避けた方が無難です。また、幼い子でも、歩くとピコピコ鳴るような靴は避けましょう。

次に靴下ですが、これも靴と同じようにあまり派手なものでなければ問題ありません。黒の靴下がなければ白で大丈夫ですが、なるべくハイソックスがよいです。

ただ、靴下は高いものではないので、この機会にフォーマル用に揃えておくのもよいでしょう。何を着せればよいか迷ってしまう場合は、事前に親戚などに相談してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました