お盆は地域によって違う?お供えするものは?

行事
この記事は約2分で読めます。

お盆という行事ですること

お盆という行事では、夏ごろの決められた期間に、ご先祖さまや亡くなった家族をお迎えし供養をすることになります。

お盆の期間には、亡くなった人の魂が現世に戻ってくることができるとされており、そのために様々な準備やお供え物をしてお出迎えをするというのが、お盆という行事の目的となっています。

お盆の時期にすることは、地域や家庭によっても大きな違いがあります。お盆の前にはお墓や仏壇の掃除をして準備をし、お盆の期間にはお供え物や盆棚を作るのが一般的です。家族などが亡くなってすぐのお盆は、初盆とも呼ばれ、お坊さんを読んで本格的な法要を行うケースなどもあります。

お盆の地域による違い

お盆の期間は地域によって異なるため、注意が必要です。基本的に新盆(7月13~15日)と旧盆(8月13~15日)、もしくはそれ以外の期間に行われるケースの3つが考えられます。

新盆の期間が用いられている地域としては、東京の一部や南関東、静岡の一部の地域などが代表的で、旧盆は南関東の一部の地域や、西日本、北関東より北にある地域などが挙げられます。

同じ都道府県内でも地域によってお盆の期間というのは細かく異なっているのが現状ですので、自身が施主として行うケースなどでは、事前に菩提寺などに確認しておく必要があると言えるでしょう。

お盆でお供えするもの

お盆では盆棚を作り、お供え物をして故人の霊を供養することになります。

盆棚には故人の位牌を安置し、左右に盆提灯を設置します。そして、花やお供え物を添えて、線香を上げられるようにするというのが、一般的なお盆の準備となっています。

盆提灯やお花以外では、水や食べ物をお供えするのも一つの風習です。水の場合、水道水でもかまわないので毎日新鮮な水をお供えすることになります。

食べ物は、果物やお菓子などが一般的で、果物は洗ってすぐにでも食べられる状態にすること、お菓子も箱に入っているものは箱から出してお供えするのがマナーとなっています。

新鮮なきゅうりやなすに割りばしなどを使って4つの足をつけて、盆棚に飾る地域もあります。きゅうりは馬(精霊馬)、なすは牛(精霊牛)を意味しており、「来るときは馬に乗って早く来て欲しい」「帰る時は牛に乗ってゆっくり帰ってほしい」という意味が込められています。

お供え物のルールは宗派によって、細かい部分が異なっています。ですので、初盆でわからないことが多い場合、事前に菩提寺に確認しておくほうが無難です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました