お歳暮を送る時期は?地域によって違う?

マナー
この記事は約2分で読めます。

年の暮れにお歳暮を贈る意味とは

寒さが本格化してくるとお歳暮の時期が到来します。一年の終わりにこれまでの感謝を込めてお歳暮を贈る風習がありますが、その意味は意外と知られていません。

お歳暮を贈るという行為は、その1年間の感謝と来年以降もお付き合いをよろしくお願いしますという意味があります。お中元も似たような意味を込めて贈る風習ですが、一年の締めくくりという点で考えると、お中元よりお歳暮を贈る人の割合のほうが多いのが現実です。

お歳暮の風習は正月に行う先祖霊への供養にルーツがあります。正月に行う先祖供養のためのお供え物を、年の暮れのうちに届けるという風習が変化し、お世話になった人へ感謝の気持ちを込めて贈り物をするという、現在の形のお歳暮になったと言われています。

お中元もそうですが、お歳暮も先祖供養の風習がルーツにあるところが興味深いところです。

お歳暮を贈る時のルール

お歳暮を贈る時にはマナーが存在します。お歳暮としてあまり安すぎるものや高すぎるものは適していないので、相場の範囲内の価格のものを贈るのがマナーです。

お歳暮の相場としては、3000円~5000円が目安とされており、特にお世話になっている人や関係の深い取引先は5000円~1万円くらいまでが目安とされています。ただ、目上の人に対して高すぎるものを贈るのは失礼に当たってしまうため、一般的な相場の範囲内で押さえておくほうが無難です。

また、お歳暮は誰に贈らないといけないという決まりがあるわけではなく、両親や親せき、上司、取引先などといったお世話になった人に任意で贈ることになっています。ただ、一度贈り始めると毎年続けるのがマナーとされているため、軽い気持ちで贈るのは避けたほうが良いでしょう。

両親や兄弟に対しては、余計な出費を避けるため、お歳暮は贈らないようにすることを話し合って決めておくというのも一つの方法です。

お歳暮を贈る時期と地域による違い

お歳暮を贈る時期は、12月13日から20日までが一般的とされています。ただ、地域によって微妙に異なり、関東なら12月上旬から31日まで、関西なら12月13日から31日までに相手方に届けばOKと言われています。

地域によって細かい時期の違いはあるものの、基本的には、12月の中旬から年内に届くように贈れば問題ないと言えるので、複数の異なった地域にお歳暮を贈る場合は、間違えてしまわないよう共通するタイミングで贈るほうが良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました