お悔やみの言葉にふさわしい表現と避けるべき表現

マナー
この記事は約2分で読めます。

お通夜や葬儀に参列した時に、遺族にかけるのがお悔やみの言葉です。家族を亡くされて悲しみに沈んでいる方に、どうやって声をかけてよいものかと悩みますが、お悔やみの言葉は一般的な文言で簡潔にまとめるとよいでしょう。

故人と関係が深い場合はなかなか言葉にできないこともありますが、心から発した言葉は相手に伝わります。ただ、お悔やみではタブーとされる言葉もあるので、一応のマナーは押さえておきましょう。

簡潔にまとめるのが基本

葬儀に参列して直接お悔やみの言葉を述べる場合もあれば、参列できずに電話や手紙、また最近ではメールでお悔やみを述べることもあります。ただ、どんな手段で述べるにしても、お悔やみの言葉は簡潔にまとめるのが基本です。「心よりお悔やみ申し上げます」や「心よりご冥福をお祈りします」辺りを基本にしましょう。

故人との関係性やお悔やみの言葉を述べる相手によって、言葉遣いを変える必要はありません。親しい友人の葬儀であれば特別な言葉をかけたいと思うものですが、遺族へのお悔やみにはこのような改まった言葉遣いをしましょう。

お悔やみに使用しない方がよい言葉

お悔やみには使用を避けられる言葉がいくつかあります。「死」などの直接的な言葉や、「苦しむ」「消える」など不吉な言葉は使いません。「死去」や「急死」などの言葉も使わないようにしましょう。また、「ますます」「重ね重ね」「次々」「追って」などの重ね言葉も忌み言葉として避けられます。

また、たとえ知らされていないとしても、遺族にお悔やみの言葉をかける時に故人の亡くなった理由を直接尋ねることはしません。その気がないとしても、お通夜や葬儀での詮索はマナー違反です。お悔やみはお悔やみとして余計な言葉は挟まず、上記の簡潔な表現を用います。

長生きされて亡くなった高齢の方であっても、「天寿を全うされて」や「大往生されて」などの言葉はマナー違反です。100歳を超える大往生でも遺族の悲しみは変わらないわけですから、やはり「心よりお悔やみ申し上げます」といった表現がよいでしょう。

お悔やみに使えるその他の表現

お悔やみの言葉は「心よりお悔やみ申し上げます」「心よりご冥福をお祈りします」が基本ですが、そのほか「このたびは誠にご愁傷様です」「このたびは誠に残念です」も使えます。

事故などで突然亡くなられた方の場合には、「このたびは思いがけないことで、何と申し上げてよいか言葉もありません」「突然のことで、いまだに信じることができません」などもよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました