お布施の本来の意味と気になる金額や表書きについて

葬儀
この記事は約2分で読めます。

多くの人が、お布施のことを葬儀を執り行ってもらった僧侶への謝礼と考えていますが、そもそもは布施行という仏道修行から発したものであり、僧侶の行う読経や戒名への対価ではありません。

本尊にお供えするものなので、読経料や戒名料などと言わないことに注意してください。

お布施の金額は決まっていない

お布施には決まった金額はありません。布施行とは、財などを施し貪欲(とんよく)の心を起こさないための修行ですから、ご自身の価値観や気持ちでちょうどよいと思う金額でよいのです。とはいっても、実際に法事や法要を経験するとある程度は常識的な金額に沿いたいと思うものですし、お寺ごとにお布施に対する考え方も違うので、わからない時は直接尋ねるとよいでしょう。

ただ、直接金額を尋ねるのは抵抗があるという方も多いでしょうから、「皆さんはだいたいどのぐらい渡されていますか?」といった間接的な尋ね方がよいのではないでしょうか。それでも、やっぱりお坊さんには直接尋ねにくいというのなら、地域の葬儀社でも親戚でもよく知っている人に尋ねましょう。

お布施を入れる封筒

お布施は、白封筒に入れるか半紙に包んで渡します。封筒を使う場合は水引を掛けないことに注意してください。相手の不幸に対して渡すものではないので、不祝儀袋は使わないことも覚えておきましょう。

わからない場合は、コンビニに売っている「お布施」と印刷されている封筒を使えば問題ありません。コンビニで買った封筒だからといって、お坊さんが失礼に思うことはないので安心してください。

お布施の表書き

自分で表書きを書く場合は、表側に漢字で「お布施」と毛筆で書くのが一般的です。なるべく自分で墨を磨って毛筆で書きたいところですが、筆ペンでも問題ありません。なお、香典の表書きは薄墨で書くものですが、お布施はふつうの濃い墨を使います。

香典に薄墨を使うのは、「涙で墨が滲んでしまった」というお悔やみの心を表すためですから、施しの修行であるお布施の表書きとは関係ありません。薄墨を使ったからといって咎められることはないでしょうが、お布施の本来の意味からも知っておくべきことでしょう。

なお、表書きには「お布施」の文字のほかに、封筒下部にご自身のフルネームも書きます。また、金額は書かなくてもよいのですが、経理の都合上、あった方が助かるというのが寺院の正直なところです。裏面にご自身の住所と合わせて書いておくと親切でしょう。その際、数字は漢数字で書くことに注意してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました