赤ちゃんを家族の一員として迎えるお七夜のお祝いとは

出産
この記事は約2分で読めます。

お七夜とは、家族の一員として赤ちゃんを迎え入れるとともに、周囲の人たちにもお披露目するお祝いです。命名式や名付けの祝いとも言って、一般的に赤ちゃんが生後7日目に行います。

お七夜は生後7日目でなくてもよい

お七夜は日本の伝統的な儀式ですが、家庭や地域によって内容は異なります。お七夜を行う日も、赤ちゃんが生まれた日から7日後に行う場合も、生まれた日を1日目と数えて生後6日目に行う場合もあります。

また、赤ちゃんが生後1週間ごろと言いえば、お母さんの体調も安定していないことがありますので、7日目に無理して行う必要はありません。家族や親戚の都合が付く休日までずらしてもよいでしょう。ただし、出生届だけは赤ちゃんが生まれて14日以内に提出してください。

お七夜は赤ちゃんの命名式

お七夜では、赤ちゃんの名前を披露して家族の一員として正式に迎え入れます。命名書に赤ちゃんの名前を毛筆で書いて、それを神棚に供えるのが伝統的なやり方です。

命名書には正式な書き方があり、奉書紙を用意し、それを三つ折りにした真ん中に赤ちゃんの名前と生年月日を書いて、左側に両親の名前、右側の表書きに当たる部分に「命名」と書きます。それをさらに奉書紙で包み、表側の真ん中に「命名」と書くという具合です。

ただ、書式は家族や地域によって異なるので、この通りでなくてもかまいません。半紙の真ん中に赤ちゃんの名前を書き、右側に両親の名前や続柄、右側に赤ちゃんの生年月日を書くという略式のやり方もあります。

また、神棚がない場合は、ベビーベッドなど赤ちゃんの近くに命名書を貼ってもかまいません。ただし、大人の目線より高い位置に貼るのが原則です。

お七夜の内容

家族や地域によって違いはありますが、お七夜の基本的な流れは以下の通りです。まず、父親か母親の挨拶から始まり、お七夜に集まってくれたゲストの方たちにお礼などを述べます。次に、上で見た命名書の記入、もしくはすでに書いている場合は命名書のお披露目です。その際、ゲストと一緒に記念撮影をします。

それが終わったら、祝い膳をゲストに振る舞いますが、伝統的には尾頭付きの魚や赤飯などお祝いにふさわしい料理をお母さんが用意していました。ただ、退院したばかりのお母さんがご馳走を作るのは負担ですので、現代では誰かに代わりに料理してもらったりケータリングを頼んだりするのが一般的となっています。

また、最近のお七夜では、赤ちゃんの手形と足形を取る家庭も増えています。手足が汚れない専用のキットも販売されていて手軽にできるようになっているので、お七夜の記念におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました